のんびり、ぱくし

山歩き、お出かけ 時々 おやつ・・・

2018-07-16 22:04:01.506426 千曲川、信濃川源流を見に

百名山甲武信ヶ岳へ。

長野(信州)、山梨(甲州)、埼玉(武州)と3県またがる山に。

最短コースで行ってきました!

長野、川上村の毛木平から、川沿いをずっと、川からの風が気持ちよくて、水も手をいれていられないほど💦

噂によるの8度、気持ちいいわけです!

源流はほんとに小さなところ、、そこから、あんなにも長く流れて行くー壮大な自然、人間は小さいなぁと。

車移動、3時間、登るのにコースタイムは3時間半~。

まあ、今度は泊まりもいいかもー。甲武信ヶ岳小屋のオーナーも楽しい人らしいので!

アッ、、秩父の山友がおしえてくれました(笑)

苔も見事でした、山頂はあまり広くないのですが、標柱がとても立派です(*^^*)

2018-07-09 01:25:01.070149 自宅から実家まで

7月末の小屋泊登山の練習?にはなりませんでしたが、10キロのリュックを担いで、チャレンジ!

初めて、実家まで歩いてみました。

Googleでみると2時間半ほど、これなら行けるかなーと。どしゃ降りに、なったら引きかえそうーと歩き始め、、近所のおばあちゃんに、まあー白馬でも行くみたいな格好だねーと

笑われ、どーもーと笑って足早にー。

13.5キロくらいとのこと、平地だしと気楽に。車で通りすぎるときには見えない小さな発見をしながら、よく知ってる道をひとり

(笑)

まあ、帰りは母に、止められ車で送ってもらうという顛末でしたが、山への楽しみがなければ、こんなことしないだろうなぁと

ただ、ただ自己満足の休日でしたー。

2018-07-01 22:16:00.2628 硫黄岳チャレンジ

昨年、12月に途中撤退してきたので、同じコースでリベンジ!

今回はプリンも同行ー!

桜平の駐車場は6時到着でも半分以上うまってました。

お天気もよくて、人気ですね

そして、やはり、夏沢峠から‥ケルンへの登山道は風が強かったー

がれた岩場をすぎて、可愛いお花たちも。

山頂付近は、有名な爆裂火口がみえてきます

いつか、ここから、横岳、赤岳へと想いをはせながらーゆっくりと、山頂へ

帰りは、赤岩の頭を通り、オーレン小屋へ周回。

コバイケイソウはまだつぼみ、そーいえば、桜平のシャクナゲも見頃でした

八ヶ岳はアチコチ素敵な場所ばかりです!

2018-06-26 21:06:01.440273 軽井沢に

どこかの雑誌でみつけて、、どうしてもカメラにおさめたいという夫、軽井沢、星野リゾート(*^^*)

憧れのハルニレテラス!

温泉もあります~

しかし、やはり我が家、滞在時間、40分

せっかくのカフェも寄らず、たくさんのワンコ連れをみながら、(あっ、我が家も、もれなくですがー)

眺めて、、胡桃のお菓子だけ購入、川のせせらぎをきき

グリーンシャワー感じて、ちょっぴりセレブ(笑)

まあ、女子チームでゆっくり計画してからまた来よう!

素敵な場所です.お勧めです!

2018-06-18 23:52:01.310431 毎年恒例、四阿山

日曜日なので、遠くには行けず、やっぱりここでしょ(〃∇〃)

レンゲツツジもかろうじて見えるかなと、今回は初めてのコースを選択、

鳥居峠から、花童子の宮跡からの山頂、下山に的岩をみての周回です。

花童子の宮跡というだけあって、レンゲツツジ、サラサドウダンの道を歩き、タカネグンナイフウロの紫の花は咲き始めで、つぼみもたくさん、これからが見頃、そこから先ほゆるやかなミツバオーレンとイワカガミロード(*^^*)

途中でみつけた、ミヤマハンショウツルも綺麗でした。

ヤグルマソウも、ハクサンチドリ?もまだ蕾で、夏の花たちは準備中。

シャクナゲはほぼ終わりで、1ヶ所だけ、最後の頑張りで咲いててくれました。

花の山を満喫!

ずっとずっと、見事な雲海もあり、青空とセットで最高。

初めての的岩にもびっくりです。理科の先生が喜びそうな火山の噴火からの産物。

毎年来ているのに、とても新鮮な山旅となりました。

もちろんプリンも同行、これからは暑くなるのでそろそろお留守番ですね。