山のめぐみ工房

私たちを育んでくれた里山の魅力を発信していきます。

2018-05-03 12:53:31.020180428 11年目のシーズンがスタートしました

社会貢献活動として、水源の森を育てることを目指して10年間「祥雲の森」と銘打った森づくりに取り組んできました。所期の目的を達成することができ、事業は終了となりました。しかし、祥雲の森を育てる活動を通して活力をもらってきたメンバーが自腹を切って活動を続けることにしました。年2万円の借用料を払い込み、11年目の森を訪れました。

まず、おいしいものに目が行ってしまいます。敷地の中に自生しているタラの芽です。

 

キクザキイチゲの花もちょうど見ごろでした。

 

11年目にして初めてコブシの花に対面することができました。雪に埋もれていた下の枝にだけ花が残っていました。

 

11年間、風雨に耐えてきた看板を掲げます。

 

木々の成長と作業の安全を祈って、看板の下での記念写真です。

 

雪で折れた枝を切って、成長を促します。

 

幹が成長してくれるように無駄な枝を整理しました。

この後、何年「祥雲の森」を見守っていくことができるでしょうか。楽しみです。

Trackback

▼この記事のトラックバック用URL

Comments

お名前(必須)
メールアドレス
URL
コメント(必須)
※コメント以外の内容を次回も使用