一日一見

何かひとつくらい見つけよう。残していこう。

2008/02/03 22:09もらってうれしいカレンダー

さて、今週の百式企画塾。テーマは「カレンダー」です。
あやうく落とすところでした。危ない危ない。

【百式企画塾】 「カレンダー++」を考える!? | IDEA*IDEA

年末年始になにかともらうカレンダー。しかし、「こんなにカレンダーあってもなぁ・・・」となってしまう人も多いのでは。そこであなたは「絶対に使ってもらえるカレンダー」を考えつきました。2009年のカレンダーのデファクトとなったその特徴的なカレンダーについて次のことを教えてください。


やっぱり、カレンダーは書き込めるスペースがあり、前後の月がわかるものがいいですよね。そこで、今年は使いやすいものを!と、本の購入ついでに買いました。

・・・が。
結局、旦那からもらったクラブニンテンドーの卓上カレンダーを使っています。うーん・・・いつも視界に入るという条件を忘れていました。あ、2月はWii Fitですよ。

さて、もらってウレシイカレンダーの仕様は先述の通りですが、「こんなカレンダーなら使いたい!」と思うものを、アイディアとしてエントリ。
パソコンとかの情報と接続できるようなIT機器にするアイディアは多く出そうなので、あえてアナログで行きますよ。

そのカレンダーは、オフィスでありがちな 手が冷えてキーを打ちにくい という問題を、あなたが毎日使っている 毛布 にヒントをしつつ、手袋 という機能を実装することによって、解決していた。そのカレンダーの名前は 暦手袋(こよみてぶくろ)


画像

手の甲部分に、今の月と次の月がプリントされています。もちろん、手袋はいろんな色があっていいかもね。
指先部分には、キータッチを助ける肉球付き。
手のひら部分は提供会社の広告(会社名とか、カレンダーの下に書いてあるヤツ)が入ります。ちゃんと毎月1足ずつお届けして、営業活動にも貢献。

最近寒くて、事務所が暖まるまで毛布(ひざかけ代わり)にくるまって震えています。うん、掃除でもすればきっと暖かくなるだろうそうしよう。
右手がなんだかシモヤケになったなあと思っていたら、アカギレさんまでやってきて、共演してくれています。大して痛くはないけれど、痛々しい・・・。
手袋でもしていればなあと思ったことから、考えました。
夏場?クーラーの効きすぎを考えてとか。指先のないタイプでもいいし、お肌しっとりタイプでもいいかもしれない。

Trackback

▼この記事のトラックバック用URL

Comments

お名前(必須)
メールアドレス
URL
コメント(必須)
※コメント以外の内容を次回も使用