NEVERLAND|ネバーランド 上越

新潟県妙高山麓にあります、スノーボード、スケートボード、アパレルを取り扱う専門店です。

2013-11-22 18:01:37.0 JAKE BLAUVELT【NATURALLY】

 

一部ではネクスト「テリエ」と言われている

 

JAKE BLAUVELT(ジェイク ブラウベルト)

 

のシグネチャーDVDが入荷しました。

 

 

今晩のおかず。

 

Jake Blauvelt Naturally - THE TEASER #2 from Friday on Vimeo.

 

 

 

こちらからもお買い求めいただけます。

 

 

TAG index

2013-11-17 19:52:11.0 cold water

寒波が過ぎ週末は秋晴れでした。

 

日曜日はスケートスクール。

 

今日はゲストに伊藤 直樹氏を迎えて盛り上がりました。

 

ボウルも楽しそうに滑ってもらえてよかったです。

 

作った甲斐がありました。

 

ガールズチームも雪が降る前に少しでも上達しようと頑張ってます。

 

スノーボードにもいい影響を与える事でしょう。

 

 

 

 

2013-11-15 22:09:34.0 here comes the sun

初滑りに行ってきました。

 

遠くへ行かなくてもここには山もあるし、雪も降ったしということで。

 

長いシーズンの足慣らしでハイキング気分を味わいながらメローにスノーボード。

 

雪の質と滑走の長さを選び、斜度とテンションはじょじょに上げていきましょうということで。

 

 

 

 

2013-11-12 16:58:16.0 アウターウェア

今日も真面目に行きましょう。

 

昨日の続きです。

 

快適に滑る上での重要な要素。

 

アウターウェア。

 

昨日は少しGORE-TEXについてお話しましたが、僕も言ってもそんなに詳しくないので

 

詳しくはこちら

 

http://www.gore-tex.jp/index.html

 

 

で当店のラインナップ。

 

AK SWASH JKT。

 

の内側はこんなです。

 

 

GORE-TEXの2層生地を使っていて内側にはインサレ―ション(中綿)が施されています。

 

このようなジャケットを着るときは薄いインナーでもいいでしょう。

 

AK HOVER JACKET。

 

こちらの内側。

 

 

こちらはGORE-TEXの3層生地を使っています。

 

そして写真でも見て分かるように生地のつなぎ目縫い目にもGORE-TEXのテープをはり水分の侵入を防ぎます。

 

こちらはインサレ―ションは施されていないので、レイヤリングをしっかりとした方が無難です。

 

 

この2モデル値段で言うと下のモデルの方が20,000円ほどお高いのですが、やはり実際に山に入るとその差は歴然です。

 

それぞれのスノーボードシーンに合わせて選んで頂けるようにご提案いたします。

 

 

 

 

 

TAG index

2013-11-11 14:58:12.0 ファーストレイヤー

みなさんはファーストレイヤーってご存知ですか!?

 

いまさらって気もしますが、店頭でお客様と話していると以外に知られていないんだなと感じます。

 

例えば

 

「このウェアこんなに薄くてペラペラですけどあったかいんですか?」

 

「はい、このウェアはgore-texという生地を使っていて、基本的にウェアというのは。。。。。」

 

 

人それぞれ求めているウェアは違うと思いますが、基本的に体温調節はインナー(ウェアの下に着るもの)で行います。

 

中にはウェア自体にインサレ―ション(中綿)が付いているものもありますが、そういったウェアは少し重くなります。

 

僕の考える理想はアウターウェアは雪、水分から身を守り、インナーは体温調節のためのものです。

 

そこでまず重要になってくるのが雪、水分から十分に身を守ってくれるアウター。

 

当店のウェアのラインナップのメインはgore-tex社の生地を使ったウェアです。

 

なぜかというとこの妙高エリアは皆さんも御存じのとおりものすごい降雪量があります。

 

加えて、海が近いということもあり、非常に雪が湿っています。

 

こうなると一番快適に滑れるアウターは必然的に決まってきます。

 

 

ここからが今日の本題です。

 

ではその次に重要なインナーとは?

 

よくこの話を店頭ですると出てくるのが、ユ●クロのヒート●ック。

 

そこで僕はすかさず返します。

 

「あっ、全然違いますよ。着たことないですけど。。。。」

 

だって考えてみてください。

 

スノーボードの会社がスノーボードの事を考えて作ったインナーと、いかに洋服を安く作って、安く売ることを考えている会社のインナーですよ。

 

しかもハリウッドスターなんかを使ってスノーボードをイメージさせてcmを流してみたり。。。

 

ビッグカンパニーのディスはこれくらいにして。

 

いくつかインナーを紹介します。

 

burton lightweght crew。

 

これはファーストレイヤーの中でも一番薄手の物です。

 

暑がりの方はこれ一枚でも大丈夫という人もいるようです。

 

burton midweight crew。

 

つづいて先程のものより少し厚手のもの。

 

暖かい日なら寒がりの僕もこれでイケます。

 

 

ak457 mid top。

 

こちらは先程のファーストレイヤーの上に着るミッドレイヤーになります。

 

ハイシーズンはミッドレイヤーを来ていた方が無難です。暑ければ脱げますしね。

 

 

と言った感じでインナーはスノーボードを快適にするうえで欠かせない物です。

 

これを機会に皆さんも見直してはいかがでしょうか!?

 

 

 

 

こちらで商品ご覧になれます。

 

 

 

 

 

TAG index