S太の骨髄移植日記

S太(当時小学2年生)が骨髄バンクを介して骨髄移植治療に臨んだドキュメントです。

2007-11-18 09:40:17.0S太の骨髄日記 4  ~無菌室入室~

 放射線による前処置も、三日目(11.15)の昨日で終了となりました。前日まで日に日に体調が悪くなってきていたため、『今日は、もっとひどいんだろうなぁ~』と思って面会に行くと、予想に反して、元気なS太が待っていました。放射線に体が慣れたのか、『吐き気も無い!』との事でした。ほっ…。一安心。やがて最後の放射線治療に呼ばれ、無事、終了したのでした。放射線科の先生は声の大きな方なのですが、廊下でS太が出てくるのを待っていると、中から『S太君、これで全部終わったよ。よく頑張ったね。上手にできたよ。』と、ねぎらって下さる声が聞こえてきて、S太同様、私も嬉しい気持ちになりました。
 そして、いよいよ無菌病棟へ。ここでは、2年前S太の兄Y太の治療の際、お世話になった看護師さんと感動の再会ラッシュ!となりました。本当に優秀で、手厚い看護をしてくれるスタッフの方ばかりなので、2年前とは比べ物にならない位、落ち着いた気持ちでこの日を迎える事ができました。そんな私に反して、S太は不安の気持ちでいっぱいだと思いますが、ケロロ軍曹で飾り付けられた個室がまんざらではない様子で、体調が良かった事もあり、薬浴を終えるとリラックスしておちゃらけていました。


画像
最後の放射線治療のようす。


画像
無菌室に入る前、これから治療の成功を願って、記念撮影。



画像
薬浴を終え、ベッドでくつろくS太。これからは、移植が成功し先生の許可がでるまで、S太とはガラスの壁越しでの面会となります。それまでは、直接ふれあう事ができません。この状況をS太は分かっているのかなぁ…



画像
マンガ本を読んで、楽しんでいるところ。

Trackback

▼この記事のトラックバック用URL

Comments

神奈川からのブログ日記を毎日ありがとうございます。私も一緒に闘病しているような気持ちを味わっています。S太君元気そうでうれしかったです。ガラス越しの面会とは親子共々つらいでしょうが、優秀なスタッフがついているのできっと成功しますよ。
ママさん、ダウンしないようにお身体を大切に!

投稿者: いけ洋  2007-11-17 10:05:22.0

ありがとうございます。この病院の無菌室は、まだまだ新しくて、快適です。新大病院の無菌室よりやや狭いのですが、完全無菌、準無菌、四人部屋、プレイルームと、病棟内が充実しています。寒くなりますので、いけ洋さんもお体に気をつけて下さいね~

投稿者: こつくん♀  2007-11-17 10:36:13.0

頑張れ頑張れ頑張れ頑張れ頑張れ頑張れバンダイアイドルブスブスブスブス

投稿者: 日本語  2017-02-15 10:03:31.925096

お名前(必須)
メールアドレス
URL
コメント(必須)
※コメント以外の内容を次回も使用