S太の骨髄移植日記

S太(当時小学2年生)が骨髄バンクを介して骨髄移植治療に臨んだドキュメントです。

2008/04/11 09:24 S太の骨髄移植日記110 ★退院+75日目 出来事★

 3月31日。
S太の仲良し友達が、神奈川県相模原市に引っ越してしまうので、お見送りに行きました。入院中は、たくさんの応援をありがとう!神奈川へ行ったら、是非かもめの家のボランティアになって、ランチの会でご一緒しましょう!!

 4月1日。
兄Y太が幼稚園時代の頃の大の仲良し友達兄弟が、九州から来てくれました。6年ぶりの再会。二人とも私より背が高くすっかり好少年になっていましたが、やはり呼ぶ時は幼稚園の頃のまま○○ちゃん、になってしまいます。二人とも野球少年で、ピッチャーでチームのキャプテンでもあることから、早速S太とキャッチボールをしてもらい大満足のS太でした。

 4月5日。
Y太の法事をしました。S太は一言『お経って、すごく長いんだね。』でした。そういえば2年前の葬儀の時、S太はお経の途中で寝てしまったっけ…。今回は最後まであぐらをかいて、神妙な様子のS太君でした。

 4月7日。
始業式。S太の体調も良く、近所のお友達と一列に並んで元気に登校していきました。今日から3年生です。どこかにいるS太のドナーさん、こんなに元気になりましたよ。ありがとう!

 4月9日。
今日はY太の命日でしたが、学校のPTAがあったり、身内の食事会をしたり、町内会の役員の集まりがあったり、何しろ忙しい一日でした。私は留守でしたが、Y太の同級生数人が真新しい学生服姿でお線香をあげに来てくれました。夕方には、Y太を担任してくれた先生も来て下さいました。みなさん、ありがとうございます。これからも気軽に来て下さいね~


697_120787332700.jpg