S太の骨髄移植日記

S太(当時小学2年生)が骨髄バンクを介して骨髄移植治療に臨んだドキュメントです。

2008-03-16 22:11:12.0 S太の骨髄移植日記 105 ★退院+51日目 白血球減少★

 3月1日(土)に放送された【ジャイアンツがぼくらの学校にやってきた!白球がつなぐ絆スペシャル】は、私たちにとって今となっては『恥ずかしい…』の一言に尽きますが、映像を通して知った上原選手の涙や、盲学校の生徒たちのけなげな姿には、心から感動しました。
そして、日本代表チームがオリンピック出場をかけて戦っていたアジア予選の頃が、S太にとって一番辛く厳しい時だったなぁ~と、無菌室での入院生活を思い出したりしました。
 自宅に戻ってからも元気に過ごしていたS太でしたが、学校生活を一週間過ごした頃から、咳、くしゃみ、鼻水など風邪のような症状が出たため、先週一週間は、大事をとって学校を休んでいました。
その間に、地元の病院で定期外来を受け採血したところ、白血球が1800個(1マイクロリットル中=1ミリリットルの1/1000)で、好中球はたったの390個しかないことが判明しました。
すぐに移植医と連絡をとってもらい、対応してもらったのですが、やはり何かの感染により一時的に白血球が減少している事が考えられるし、血小板が10万より少なくなるようなら、キメラ(ドナータイプとS太由来の血液が混ざっている状態)かどうか検査の必要もあるそうです。いずれにしても、今は経過観察中なのですが、微熱もあるので、とても心配です。
 今まで順調だっただけに、ここに来て、日常生活に戻る事の難しさを痛感しています。
ただ、S太にしてみれば、ちょっと風邪っぽいけど元気はあるので、ゲームには支障なし!といった様子で、家庭学習をすると、後はひたすらアニメ鑑賞かゲーム三昧…という、幸せな時間を過ごしているのでした。

697_120567289900.jpg
ママが掃除機をかけ始めると、いつもここへ避難するS太です。

2008-03-14 11:25:03.0 S太の骨髄移植日記 104 ★退院+38日目 学校生活★

 早いもので、帰宅してからあっという間に十日も経ってしまいました。荷解き、転校手続き、地元病院受診、登校…と、慌しく毎日が過ぎてしまいました。
 そんな中、S太は帰宅後五日目から通い慣れた学校に戻りました。すっかり春気分だったのに、初登校日は雪でした。それでも、近所のお友達と楽しそうに登校し、学校でクラスのお友達に大歓迎されて、嬉しそうなS太なのでした。登校二日目には、算数テスト、国語テストという厳しい状況でしたが、頑張っていたS太です。
 今は、両足首の皮膚炎症がひどくなってしまいましたが、食欲もあり、薬もしっかり飲んで元気に学校生活を送っています。
 そろそろ、疲れが出てきそうなS太ですが、家ではお兄ちゃんのグローブをつけて、ゴムのボールでキャッチボールの練習を始めるほどになりました。巨人の上原選手と約束しキャッチボールをするためには、グローブでボールを取れなければなりません。
まだまだ、時間がかかしそうですが、最後まで頑張ってほしいものです。

お詫び
ブログを管理している会社のメンテナンス中、映像が乱れたり、新しい映像を載せることが出来ませんでした。楽しみにしていたみなさん、本当にすみません。これから、また更新していきますので、どうぞ、宜しくお願いします!



697_120545857600.jpg
2月某日。自宅にて。

697_120546006700.jpg
2月さらに某日。退院後の初登校。

697_120546120100.jpg
S太の歓迎会として、ポップコーンを作って食べた後、お楽しみ会をしました。