S太の骨髄移植日記

S太(当時小学2年生)が骨髄バンクを介して骨髄移植治療に臨んだドキュメントです。

2008-05-27 23:37:11.0 S太の骨髄移植日記124 ★退院+121日目 運動会★

 日曜日に予定されていた運動会が雨天延期となり、本日晴天のもと盛大に行われました。体力不足のS太は、応援中心の参加となり、親子綱引きのみ出場…と、今年は我慢の運動会になりました。それでも腐ることなく一生懸命応援していたS太の願いが通じたのか、黄色組がまさかの逆転優勝を手に入れたのでした!
 来年は、今年見ることが出来なかった80m走、興味走、全員リレーなど楽しみにしています。どちらかというと、今年の運動会は『その腕、どうしたの?』の質問に『田んぼに落ちちゃって…。そうそう、夫婦喧嘩じゃないからね。骨は何とも無かったんだけど、靭帯と筋肉を強打したので腫れちゃって…』と、一日中説明していたような気がします。

 
697_121189899400.jpg

2008-05-22 22:21:45.0 S太の骨髄移植日記123 ★退院+116日目 募金箱★

 お久しぶりです。
退院後しばらくは車で登下校し、校外学習や運動会の練習などに体力を使っていたS太でしたが、ここ数日は友達と下校して帰って来れるほど、元気に過ごしています。
 そして退院から4日後の16日金曜日から、我が家に募金箱が設置されました。
毎年夏に行われる、24時間テレビの話をしたのがきっかけでした。世の中には、目の見えない人、耳の聞こえない人、お年寄り、病気の人、車椅子の人などがたくさんいて、みんなで助け合う事が大切なんだよ。そして、誰かの役に立てるように…って、募金をする番組なんだよ。と、伝えたら『じゃあ夏までに、募金をためようよ。母ちゃん、ここにお金入れてね。入れてくれたら、ぼくがマッサージしてあげる。』と言ってくれました。
たくさん貯まるといいね~

697_121146216400.jpg
これが貯金箱です!

2008-05-12 21:40:54.0 S太の骨髄移植日記122 ★退院+106日目 退院★

 ご心配をおかけしましたが、S太は今日、元気に退院しました。5日間、しっかり点滴で治療してもらい、右足中にできてしまった赤いブツブツも、かなり良くなりました。
 ここだけの話ですが、午前中に退院したので、お昼は親子で外食ランチをし、午後から映画【名探偵コナン・戦慄の楽譜】を観てしまいました。さすが平日。観客は、私たち親子を含めて5人!という、余裕の鑑賞となりました。
 さてここで、S太の病院クイズです。
【第一問】ぼくは、一日に何回熱をはかるでしょうか?
     ①2回 ②4回 ③6回
【第二問】ぼくは、何科に入院しているでしょうか?
     ①歯科 ②産婦人科 ③小児科
【第三問】ぼくが入院して、つらいと思ったことは何でしょうか?
     ①針を刺して、点滴をしていること
     ②部屋から一歩も出られないこと


697_121059593400.jpg

答え【第一問】②【第二問】③【第三問】① 

2008-05-08 17:48:26.0 S太の骨髄移植日記121 ★退院+102日目 入院…★

 昨日の朝一番に、地元の病院で採血と診察を受けたら遅刻して学校へ行く予定でしたが、帯状疱疹の状態が悪く、そのまま入院して点滴で治療を受けることになりました。学校に連絡したり、病室の準備が出来るまで待ったり、何かと慌しく、しかも24時間付き添いが基本のため、自宅に戻ることもままならず、入院二日目の今、やっとブログにたどり着きました。
 入院は一週間の予定です。
話をしたり、テレビやゲーム、それに時々勉強…と、一見いつものS太の生活そのものなのですが、免疫力の弱さを痛感しています。
 骨髄バンクでドナーが見つかり、骨髄移植を受け、順調な経過をたどり、自宅まで帰って来れて、徐々に日常生活を取り戻せたかと思っていましたが、百日咳、マイコプラズマ、そして帯状疱疹…と、様々な感染に苦しんでいるS太なのでした。



697_121023628900.jpg

2008-05-05 19:00:00.0 S太の骨髄移植日記120 ★退院+99日目 こどもの日★

 S太の帯状疱疹は、薬の服用や患部への塗布を施しているにもかかわらず、ひどくなる一方です。今では右足中に水泡が出来まくり、右腰にも出来始めてしまいました。ただ熱は無く、食欲も元気もあるのが救いです。
 結局、このゴールデンウィークはどこへも行かず、ひたすら家で過ごしていますが、今日は気分転換を兼ねて、庭でバーベキューを楽しみました。

697_121003664100.jpg
まずは、父ちゃんと将棋で勝負。『勝った~!』

697_121003739200.jpg
『ラッキーは、食べられないからね。』