上越発 季節の便り

  ・・・ 四季折々の自然の姿を ・・・                写真の上でクリックすると、大きい画像でご覧になれます

2010/01/28 17:04凍み渡り

    雪国ならではのお楽しみの1つでしょうか。凍(し)み渡りをやってきました

      雪がある程度融けた後のよく晴れた朝に、雪の表面が凍りついて

         道がないところでも、雪の上を長靴でも歩けるというものです

1347_126459247300.jpg

   < 長野県白馬村で >

Comments

凍み渡り・・・懐かしいですね!!
子供のころ、よくやりましたね。
普段行けないところまで行けるのがおもしろかった記憶があります。

投稿者: ブログ担当者 [URL]  2010/01/28 19:22

偶然、昨日のお昼休みに仲間と凍み渡りの話をしたところでした。
登校するにも早めに出て、遠回りをして行った思い出があります。

投稿者: やまぼうし [URL]  2010/01/29 07:00

ブログ担当者さん  こんにちは。
近道で目的地へ行けたり、川の縁までいって川の中を覗き込んだりしました。

投稿者: non  2010/01/29 07:59

やまぼうしさん  こんにちは。
私は、もう今回で2回目です。前回は1月20日に松代の峠集落へ行ったときです。
相当に冷え込んだ朝でないと、ブスー足がうずまってしまいますね。

投稿者: non  2010/01/29 08:02

ああ懐かしい『凍み渡り』!
何も無い寒村の子供たちにとって、凍み渡りの出来る朝はうれしい冬の贈り物なのでした。
冬の太陽の下、雪原をどこまでも!自由に歩いて行けるんですからね。
落葉樹の枝には美しい黄緑のさなぎ(フクベ)が目の前にキラキラと輝いて・・・・・
大人達はナタを腰に下げ、紅色をした水木の大枝を切って来て、小正月のダンゴの木にしましたね。

投稿者: brisa  2010/01/29 08:42

brisaさん  こんにちは。
お天気も良くて凍み渡りができる日は、ウキウキ気分です。
今回は、特別冷え込む所に行きましたが、上越の田んぼでは2月中旬以降かと思います。

投稿者: non  2010/01/29 12:34

お名前(必須)
メールアドレス
URL
コメント(必須)
※コメント以外の内容を次回も使用