上越発 季節の便り

  ・・・ 四季折々の自然の姿を ・・・                写真の上でクリックすると、大きい画像でご覧になれます

2009/03/31 19:13春の霜

     「 苗藁(なえわら)を ほどく手荒れぬ 春の霜 」  =  室生 犀星

                                        ( 俳句歳時記より )

1347_123846317500.jpg

 

1347_123846317501.jpg

           八十八夜までは霜が降りると言われています

                  まだまだ続きますね

       普段はなんでもない草がきれいに見えるから不思議です

Trackback

▼この記事のトラックバック用URL

Comments

今朝は霜が降りるくらい寒かったですね。

投稿者: ノンのん  2009/03/31 22:16

こんにちわ。
朝は寒かったですね、
私も朝焼けとってましたが、
凍えました。

投稿者: ひろっち [URL]  2009/03/31 23:40

霜,久しぶりの言葉でした。
農家の手伝いをしていた頃は霜が降りたかどうかは重要なことでした。

投稿者: ぺこちゃん  2009/04/01 04:01

ノンのんさん  こんにちは
久しぶりの冷え込みでしたね。

投稿者: non  2009/04/01 05:02

ひろっちさん  こんにちは
朝やけをどこかで撮っておられたんですか。
寒かったですね。是非ともその写真をみせてください。

投稿者: non  2009/04/01 05:04

ぺこちゃん コメントありがとうございます。
私も18歳までは農家の大事な戦力でした。
これからの時期は、いろいろ忙しかったことを思い出します。

投稿者: non  2009/04/01 05:07

お名前(必須)
メールアドレス
URL
コメント(必須)
※コメント以外の内容を次回も使用