上越発 季節の便り

  ・・・ 四季折々の自然の姿を ・・・                写真の上でクリックすると、大きい画像でご覧になれます

2009-03-31 19:13:27.0 春の霜

     「 苗藁(なえわら)を ほどく手荒れぬ 春の霜 」  =  室生 犀星

                                        ( 俳句歳時記より )

1347_123846317500.jpg

 

1347_123846317501.jpg

           八十八夜までは霜が降りると言われています

                  まだまだ続きますね

       普段はなんでもない草がきれいに見えるから不思議です

2009-03-31 08:32:30.0 快晴の朝

            尾神岳からの朝日。左隣の山は米山

              トキもどこかで見ていることでしょう

1347_123846063500.jpg 

    < 上越市大潟区より >                        撮影は5時53分

2009-03-30 20:35:30.0 新芽・蕾~その後が楽しみ

         この新芽、このつぼみにどんな花が咲くのかなー

1347_123841240200.jpg

       この咲きかけの花は、開くとどんな姿になるんだろうか?

1347_123841240201.jpg

         その後に、どんな実をつけるんだろうか ・・・  楽しみだ

   < 上越市三和区 "謎の酒蔵"への坂道で  (本日はまだ休業中) >

2009-03-30 07:44:08.0 椿の木の下では

          大きな椿の木の根元で、密かにさいている花

      「わたしも、見てね」 と言っているようです。 花韮でしょうか1347_123802393500.jpg

   

2009-03-29 11:44:06.0 本物に会うことができました

           新聞などで話題のトキ、会えるかなと思って

            田んぼ道をドライブして会ってきました。

          トキと自然に共生できる様になればいいですね。

1347_123829428000.jpg

 

1347_123829428001.jpg

     < 上越市の頚北地区  10時半ころ撮影 >

2009-03-28 20:55:18.0 トキならぬ出会い

     白鷺が、お話ができる程の距離まで(相手の方から)寄ってきてくれた。

     約10分の間、近くで餌をついばんでいた。めずらしい出会いでした。

1347_123824031900.jpg 

1347_123824031902.jpg

     < 上越市頚城区 高速バス停付近にて >

2009-03-27 12:35:31.0 雪にもめげずに

            平野部でも5cm位の降雪があったけど、

            ボケの花は鮮やかに咲き誇っていた。

1347_123812129400.jpg 

         一方、一部ですでに咲いてしまった桜は大弱り。

           それでも精一杯 'さくら色' を出していた。

1347_123812520700.jpg

   < 上越市頚城区にて >

2009-03-26 21:23:34.0 名残り雪 -Ⅱ

          桜の開花目前ですが、名残りの雪がありました。

            今朝の小高い山はまっ白く雪化粧。
1347_123807006800.jpg

     < 上越市三和区の朝 >

2009-03-26 08:53:53.0 香りで感じる春

  「 沈丁の香をのせて風素直なる 」  =   嶋田 一歩     ( 俳句歳時記より )

         沈丁花    あたり一面いい香りが漂っていました。                     1347_123802540800.jpg

2009-03-25 15:31:34.0 えっ もう咲くのー

  「 花ほつほつ 夢見のさくら しだれけり 」  =  大野 林火   ( 俳句歳時記より )

          えっ もう咲くのー   もう開花寸前です

1347_123796215300.jpg

   < 上越市頚城区百間町 榮恩寺のしだれ桜  >      ライトアップはまだで、これからの工事かな・・・