上越発 季節の便り

  ・・・ 四季折々の自然の姿を ・・・                写真の上でクリックすると、大きい画像でご覧になれます

2014/02/27 22:14 里は雪も残り少なく

     この2日間の陽気で海岸に近い方はだいぶ雪が融けてきた

     海岸線から5~6Kmのこの池付近でも残っている雪は少なくなった

     < 上越市頸城区 大池 >

2014/02/22 22:05 WELCOM 妙高高原

     高原ではつかの間の晴れ間になった                        ( 平地ではどんより曇り空だったが )

 

 

2014/02/21 21:19 天狗のお面

     鼻の長さが30cm程度はある天狗のお面

     ここの日帰り温泉へ行ったことのある人にはお馴染みの顔

        

    < 長野県牟礼町 天狗の湯 >

2014/02/16 20:18 2頭の龍

     林泉寺山門の天井と付近の杉の木立

 

     

 

2014/02/14 22:03 融雪ホースの効果

     日本海沿岸部では降雪が少ないが効果は大きい

     駐車場の出口や玄関から県道までの凹凸があるので

     いろいろ工夫した結果 『たこ足配線』 をしたらここまで出来た

 

2014/02/13 21:50 柔らかなうねり

 

      < 上越市清里区青柳 >

2014/02/12 21:10 巨大ツララというよりは氷瀑って感じ

     地元紙(上越タイムス)で紹介された長さ100Mを越すツララ

     『カネッコオリ』と呼ぶんだそうですが、そのスケールには驚きです

     

 

   糸魚川市根知谷                              ( 撮影は2月11日 )

2014/02/10 22:03 タイムスリップ

     『あわゆき道中』を見てきた

     高田の雁木通りを女性は角巻、男性はトンビ姿で歩くイベント

     自分の小・中学生の頃は角巻やマントが一般的な時代で懐かい光景だった  

 

       

                                  (2月8日撮影)

2014/02/09 19:06 高田瞽女ふたたび

     高田瞽女さんが高田の街に戻ってきた(伝承する人たちだが)

     雪が舞う中で江戸時代からの老舗の店を門付けで廻ってくれた

     角巻きと地下タビでは寒かったろうに、ご苦労様でした

 

    

                                      (2月8日撮影)

2014/02/04 22:32 立春の雪

     ここ数日の”ポカポカ陽気”から一転して吹雪となった

     例年もこの時期は厳冬期で降雪は日常茶飯事

     雪あってこその上越なれば、当たり前のことのようだ