春日山日記

日頃見たり聞いたりしたことをもとに、自分の思うことを徒然なるままに書いてみようと思います。

2018-05-09 00:36:50.0大型連休と「愉しい時間」

大型連休を、いかがお過ごしでしたか?

 

ゆっくりと家で過ごされた方、

どこかへ旅行に行かれた方 等々。

 

私は、前半は畑作り、後半は家族旅行でした。

 

畑作りは、苗を植えたり、種を蒔いたり。

妻子は仕事・学校でしたが、私は休みでしたので、

日中のうちに支柱も立てて、あとは成長を待ちます。

 

家族旅行は、3泊4日。

うち、2泊3日は実家の神奈川県小田原市へ。

2日目の朝は妻と、3日目の朝は妻子4人で、

実家から小田原の海岸まで散歩しました。

こういう時間って、ふだん持てていなかったなぁ…。

5月5日(土)の朝、神輿が海に入るトコロでした。

海の幸の恵みを祈る、神事でした。

 

 

 

 

2日目の日中は、静岡県の登呂遺跡へ行きました。

娘が小6で、ちょうど歴史の勉強をしています。

私も小6のとき、親に連れていってもらいました。

天気にも恵まれ、小田原からの富士山はきれいでした。

 

登呂遺跡。博物館も、体験型のメニューが豊富です。

 

教科書の知識も、自分の眼で見ると違います。

竪穴住居、高床倉庫も見ました。火おこし体験も…。

私も初めて石包丁を使ってみました。

 

凶作に備えて、複数の種類の米を栽培していたそうです。

当時の土器に残った米粒から分かるのだそうです。

スゴイですねぇ。

 

3日目は移動日。長野県の軽井沢へ。

4日目は軽井沢の中心部を自転車でまわりました

「自転車の番組※みたぁ~い」と喜ぶ息子(小2)。

 ※NHK BS「こころ旅」のこと。

火野正平さんのように、自転車が列になって走る様子。

息子は、そんな時間が嬉しかったようです。

 

有名な「雲場池」にも、立ち寄りました。

紅葉の名所ですが、新緑も美しいものでした。

 

 

「愉しい時間」

案外、小さな工夫で持てるのかもしれません。

Comments


当記事はログインしたユーザのみコメントが許可されています。