春日山日記

日頃見たり聞いたりしたことをもとに、自分の思うことを徒然なるままに書いてみようと思います。

2010-09-22 00:09:53.0 3連休は、子どもと秋を満喫!?

 この連休中、我が家の周りの田んぼも稲刈りが終了しました。娘の自転車に付き合いながら、「お米は、こうしてできるんだよ」と教えました。

 昨日の日中は雨上がり。名立へ出かけて、大鍋祭りの会場へ。私も妻も鍋に舌鼓。ところが、娘は串焼きに興味を。この子はどう考えても私(父親)の味好みに似た子だ…。将来、酒飲みにならなければ良いけど…。

 帰ってきてから、昼寝するかなぁと思ったら…。いやいや、とんでもない。近所の友だちと夕方まで遊んでました。子どもはそんなものかもしれません。
 そのかわり、夜の寝つきは早かったです。蚊に喰われてかゆらしく、イライラ・モードでしたけど。

2010-09-21 02:35:21.0 「陽塾」全国大会 人から学ぶことに意義あり

 19日(日)の上越タイムス・新潟日報にも載った、「陽塾」全国大会に参加しました。

 18・19の両日、「陽塾」全国大会が開かれました。「陽塾」とは、古典を読むことで人生の学びや教養を高める勉強会です。
 今年は国民読書年でもあり、改めてその意義を感じました。

 1日目は板倉のゑしんの里記念館で、全国7つの陽塾が集まっての「全体陽塾」。紀貫之「土佐日記」がテーマでした。ただ読むだけでは面白みに欠ける作品かもしれません。けれども、時代背景や作者(紀貫之)について学ぶと、もう一度読んでみようかなぁとも思えるわけです

 主宰の安藤頌太郎先生、特別顧問の畔柳信雄・三菱東京UFJ銀行会長の話、参加者による意見交換、私講師3名による話。いずれも、学ぶことの楽しさ・喜びを味わえました。
 席上、私も僭越ながら論文発表を。題して「土佐日記と古典教育論」。大学院の修了以来、論文や論文発表という場から離れていた私にとって、久しぶりに学術的な論文執筆・論文発表となりました
 拙い内容ですし、上手な発表だったかどうかはわかりません。けれども、うれしかったですね。そして、そういう機会を得ることができて、ありがたかったです。

 1日目はその後に、薬膳料理を。割烹・明治庵の佐藤さんが、料理の一つひとつについて効能などを説明してくださいました。なるほど~!!と勉強になりました。

 2日目の話は、また改めて…。

2010-09-12 00:07:01.0 秋雨に 我儘なぼやきを…

 稲の収穫が始まりました。我が家の前の田んぼは未だですが、通勤ルート沿いの田んぼでは稲刈りをしていました。早くも9月中旬に入りましたね。

 雨が降って涼しくなって良かったね…と言っていたら、今日は暑かったです。久しぶりの蒸し暑さ!? エアコンをつけて、PCに向かっています。

 妻に聞くと、日中もエアコンをつけたそうです。このところ、エアコンなしでも過ごせたのに…。明け方なんて、寒いくらいでしたよね。

 さて、来週はどうなることやら…。雨が降って涼しくなるのは良いけれど、草取りがなかなか進まなくてどうしようとも思います

 暑いのはイヤだ、雨はイヤだ…って、ちょっと我儘だったかな???

2010-09-03 00:25:22.0 岩の原葡萄園ワイナリーツアー!?

 30日から1泊2日の日程で、実家から両親がやってきました。妻はピリピリモード。嫁としてのいろいろなことがあるようです。

 遠方にいるため、日ごろは「お宮参りだから」「七五三だから」という理由で、日帰りでした。今回は家も広くなったし、泊まっていくことに…。食事に茶菓子にと神経質になる妻。

 そこで、妻を解放してあげる目的もあって、両親と娘と私の4人で岩の原葡萄園へ。前に来たときには春日山城址や高田公園を歩いたような気がします。そこで、“岩の原葡萄園ワイナリーツアー!?”へ。

 ワインの倉庫や雪室に入ってみました。樽の木の香り。雪室のひんやりとした空気。なかなか味わえない空間です。変に観光客が多くてにぎわってたりしないのがまた良いです。

 その後は、試飲に興じる母。その横で、相手をしている父。いやぁ、若いころの両親とは違って、良い感じの老夫婦になっていまして…。爺さん・婆さんになって、丸くなったのかなぁ???

 娘は、当然ながら酒が飲めない!! そこで、果汁100%のぶどうジュースと干し葡萄を購入。手放さず持ち歩いていました。

 身近でありながら、その魅力を十分に知らないことってあるのでしょうね今度は、妻と二人きりで行きたい!! そう思いました。

2010-08-30 01:08:44.0 機関車トーマス

 ジャスコで機関車トーマスに乗れる!!

 それを知った娘が、週末はジャスコに行きたいと言いました。買い物ついでに行きましたら…。かなりの行列。並んでも良いから、乗りたいという娘。妻と顔を見合わせて、並ぶことに。

 乗る前は、やや緊張した面持ちでした。乗ったら、娘はハイテンション!!手を振るは、写真を撮ってとせがむは、いつのまにかポーズまで決め込んで…。(写真は、肖像権に配慮して載せません。)

 日ごろはそれほど“トーマス”とは言わなかったのに、この週末はさかんに“トーマス”と言う娘。でも、そうして喜んでいるのを見ると、親は安心し、うれしいものです

 帰ってきたら、近所の子たちといつものように遊んでました。