春日山日記

日頃見たり聞いたりしたことをもとに、自分の思うことを徒然なるままに書いてみようと思います。

2017-02-09 00:47:13.0 我が子の成長 そして小学校への準備

小雪の降る中、年長さんの息子は移行学級へ。

私と手をつないで、春日小学校までの道のりを歩いて

往復しました

 

小学校まで手をつないで歩き、往復!?

今後はそう多くないことでしょうね、こういうのって。

良い思い出になりました。

 

学用品をもらったり、下校の班編成を決めたりと、

2か月後には小学生にあるんだなあという実感

わいてきました。

 

成長を実感し、嬉しい気持ちです。

2017-01-25 02:10:58.0 娘の命と成長に感謝!

娘の小学校で、

「親子思春期講座」がありました。

 

講座と合わせて、

「10歳ありがとうの会=2分の1成人式」も。

歌や言葉に感動しました。

 

親としては、まだ10歳。

娘の人生と同じ経験年数。

 

そう言われてみたら、

自分もまだまだだなって思えました。

 

娘からの手紙は、感動しました。

ふだん言われない「ありがとう」を

連発されると、涙腺が緩みます。

 

いつもなら心配をかけさせる娘が、

今日はいつもよりも立派に見えました。

 

うん、娘の結婚式では、

号泣すること間違いない…。

2016-12-21 01:35:55.0 ネギ、大根、株…収穫して、冬本番。

冬が深まる前に、

畑の野菜を収穫したり、網や敷物を片付けたり…。

ところが、なかなか手が回っていません。

 

やっと、ネギを収穫し終えて、

5枚ある防草シートを片付けました。

 

大根は、まだ植わったままです。

追い追い、収穫しましょう。

2016-12-18 00:07:05.0 今冬は…。

日付が変わって18日(日)です。

この1週間は平野でも雪となり、

うちの前は、今冬初めて除雪車が出動していました。

 

家の前の雪をスノーダンプで除くとき、

自分の体力の衰えを実感します。

 

昨冬が少雪だったので、今年はどうでしょうか?

考えてもしょうがないのは分かっているのですが、

やはり考えちゃいます…。

 

でも、親子で冬を味わいたいなゆきだるまスキー

今年は我が子に「スキー デビュー」させようか?

妻とも話しているところです。

2016-12-09 00:01:43.0 朝の温かい会話

息子が保育園へ行くとき、タイミングよく晴れ間がありました。

南の山を仰ぎ見れば、雪で白くなっていました。

 

「見て! 山が雪で白くなってるよ!」

「どうりで寒いわけだね…。」

 

息子も応えて言いました。

「どうりで寒いわけだね…。」

 

心が温かくなりました