お~るり日記

上越のこと、身の回りのこと。

2010/08/29 19:37和のShopin♪

もうすぐ9月ですね。
毎年、子どものピアノの発表会が9月にあります。

今日は、私とピアノの先生のお琴の合わせでした。
発表会のオープニングで、ショパンの別れの曲をお琴で合奏するので、そのピアノ伴奏を頼まれました。
初めはビクビクしていたのですが、お琴のお師匠さんがとっても穏やかな素敵な方で安心…。
何度かあわせているうちに、私も慣れてきて、お琴の響きを感じながら緊張せずに弾くことができました。
ただ、お琴のハーモニー(3人で弾かれます)に聞き入って、

うっかり自分がどこを弾いているのかわからなくなってしまう・・・バカ。

何度も曲の最後の方で、間違えてしまいました。

「本番は集中してくださいね!」
と、ピアノの先生の息子さんに言われてしまいました。
すみません。頑張ります。もっと練習します。
私は電子ピアノなんで、いざ先生のお宅がグランドピアノなので、響きが全然違うので、なんかポ~っとしちゃうんです。

3567_128307821300.jpg


お琴の合わせです。
後ろのピアノ弾きながら聴くのと、正面でお琴聴くのでは全然違って、良かったです。

お琴のショパンって、素敵でした~

Trackback

▼この記事のトラックバック用URL

Comments

 発表会に向けて順調に行ってるようですね。
 お琴はあまり聞く機会がありません。
 以前妙高市文化ホールに演奏会があって行きましたけれど。

投稿者: むら [URL]  2010/08/30 00:00

むらさんコメントありがとうございます。
琴は市民芸能祭で聞いたことはありましたが、ショパンは初めてだったので、聴き入ってしまいました。

投稿者: おおるり  2010/08/30 08:56

お琴とピアノのコラボ楽しみですね(ちょっとプレッシャー!?)

投稿者: ひまわり  2010/08/30 12:32

ひまわりさん、ありがとうございます。
琴がやさしい音色なので、合わせるように頑張りたいです。

投稿者: おおるり  2010/08/30 12:59

お名前(必須)
メールアドレス
URL
コメント(必須)
※コメント以外の内容を次回も使用