お~るり日記

上越のこと、身の回りのこと。

2010/10/01 21:08何よりも読書の秋

月に一度くらい本屋に行きます。

今日はコーラスがなくて、幸村の塾の送迎の後、一人で本屋へ行きました。
買い物は苦手な方ですが、たまに衝動買いしたくなります。

自分のために買った本

(新訳)論語(PHP研究所) 久米旺生氏編訳です。

帯の「人間40歳までに勝負が決まる」という文字に惹かれて買いました。
て、ことは、私はまだ勝負が決まってないんだなと思って・・。
人生勝ち負けではありませんがね(笑)
こういう「生き方の道しるべ」的な本が好きです。
私は50、60、何歳になっても、自分の生き方を振り返ったりしていると思います。

それから中1の娘には、わかりやすい哲学の本、小3娘には怪談の本、小1息子には「こびとづかん」を買いました。

今日は昼休みに「直江津学びの交流館」へ様子を見に行きました。
こっそり行くつもり(?)が、駐車場の誘導係さんが、近所のお父さん方で、しっかりご挨拶されて恐縮でした。皆さんお疲れ様でした。
でも今日は穏やかな気候で良かったですね。

印象的だったのは、ソファーに昔なつかしいオセロが箱を開けて遊ばれるのを待っていたのに、それに背を向けて、小さな男の子がiPadでオセロをして遊んでいたことかな。
お母さんらしい方も隣のiPadを見ていました。
私もやってみたかったけど、時間がなく、またの機会にしました。

今週末は直江津ではイベントがありますが、私は仕事。
元気いっぱい頑張ります!!

Trackback

▼この記事のトラックバック用URL

Comments

お疲れ様です。
本屋さんは好きですが見定めるのに時間がかかるのであまり買わないかも。もっぱら図書館通いです(^^ゞ

投稿者: ひまわり  2010/10/01 23:26

ひまわりさんコメントありがとうございます。
新しい直江津の図書館でゆっくりすごしたいです。

投稿者: おおるり  2010/10/02 11:22

 新しい図書館そのうち行く機会がありそうなので、今から楽しみです。私の好みとしては怪談が、小3レベルなんでしょうか?(困)本屋はもっぱら古本屋さんです。

投稿者: むら [URL]  2010/10/02 22:23

お名前(必須)
メールアドレス
URL
コメント(必須)
※コメント以外の内容を次回も使用