お~るり日記

上越のこと、身の回りのこと。

2014/08/19 19:43お城の蓮

京都へ2泊3日で行ってきた。

蒸し暑いわ、雷雨でびしょ濡れ、足首まで水につかるわ、川は濁流だわ、19年ぶりの京都は思い出に残るものとなった。

次女と義母と私というメンバーも異色だった。神社、仏閣好きメンバー。

この時期、日本人観光客は少なく、中国、韓国など外国人観光客が多かった。

しかし、妙心寺、広隆寺、仁和寺などは、人が少なく、静かに参拝できた。

東寺の帝釈天は、3年前に上野の博物館で拝観して以来の感激の再会だった。

いろいろまわったが、せっかくの堀や池の水が緑色に濁っている場所があり、ぎょっとした。高田城の堀の蓮はあんなに美しく、気持ちが良いのに…高田の蓮は宝物だなと思った。先月、新発田城の堀を見ても、なんか足りないと思ったのは、夏のお堀には、蓮が咲いているのが、常識のように思っているからだ。

旅もいいものだな。

写真は、銀閣寺近くの哲学の道の桜の木。

やっぱり、京都は春か秋だな。

Trackback

▼この記事のトラックバック用URL