お~るり日記

上越のこと、身の回りのこと。

2016/12/04 20:19旧第四銀行でクリスマスコーラスフェスタ

会場満杯でした。吹き抜けのホールで素晴らしい合唱を聴きました。感動しました。特に、花は咲く、あなたへ、粉雪など良かった‼

Trackback

プッチーニの最高にロマンティックな音楽による、美しくも儚いラブストーリー(dezire_photo & art) [ 2017/01/14 09:05 ]
プッチーニ『ラ・ボエーム』Giacomo Puccini “La bohème” 「ラ・ボエーム」とは、定職を持たず自分の好きな生き方をする人々「ボヘミアン」から生まれた言葉で、これが転じて19世紀、芸術家を志す若者を示すようになりました。プッチーニの「ラ・ボエーム」は、そのようなパリに住む芸術家の卵たちの生活を背景に、詩人ロドルフォとお針子ミミの純愛をテーマにした悲しい結末の青春物語です。プッチーニの甘美な音楽は抒情性と繊細さがに富み、オペラ全体を最高にロマンティクな傑作オペラに仕上げています。

▼この記事のトラックバック用URL

Comments

お名前(必須)
メールアドレス
URL
コメント(必須)
※コメント以外の内容を次回も使用