お~るり日記

上越のこと、身の回りのこと。

2011/12/30 21:11 ドライブ好きなもので・・・

家にいると、ストレスが溜まります。

以前、夏季休暇のとき、家にいる間、顔が痙攣したこともあります。

今日は、午後から子どもたちと、ドライブに行きました。

車に乗り込み

私「海行く?山行く?」

と聴いたら、海が2票、山が1票だったので、、名立へ行きました。

最初、シーサイドパークへ向かい、車で上りましたが、観音堂の先で道路に雪が積もっていたので、怖くなり下りて、うみてらすへ行きました。

長女はえびの天ぷら1尾、次女と息子はソフトクリームを食べました。

私は、手作りコンニャクや、タコ飯の素を買いました。

それから、ヨーカ堂でマグロのタタキなどを買って、ムサシへ。

私はここで疲れにより、車の中で仮眠。

子どもたちだけで、ペットショップに入り、なんと、長女はサカサクラゲを買ってきました。

私はキズナという名前が良いと思ったのですが、長女は蔵ノ介という名前をつけました。

私の実家の父から一文字をとった形になりましたが、クラゲからきたんだと思います(笑)

夜は、納豆ご飯の人と、ネギトロ丼の人に分かれて、ささっと食べました。

気分転換になって、良かったです。

2011/09/08 20:01 一人ランチ

午後から名立へ用事があったので、早めに職場を出て、うみてらす名立駐車場に車を停めて、海岸で一人地味弁を食べました。



3567_131547928100.jpg


暑かったです。
地味弁なので、すぐに食べ終わりました。
波の音は心地よいです。

気がつけば、季節は秋で、道路沿いにはススキが穂をのばしていました。

ススキでフクロウを作れるのですが、4年前、むきになって作っていたことを思い出しました。
何百本と収穫して、作りました。
人にもたくさん教えました。
おかげで、ススキアレルギーになりました。



ほんとうに、今年の夏はあっという間で、海にも遊びに行かないでしまったし・・9月もとても忙しくて、心が折れそうなこともあるのですが、仕事があるというのは有難いです。

今年は、またフクロウ作ろうかな。
たくさん作って、ブログにUPしようと思います。
忙しいけど、時間を作ってね。

2011/08/17 12:40 谷浜から名立へ

そして、今日は名立の不動の花火大会でした。

3567_131350482900.jpg

まず、たにはま公園へ。
すごく広くてびっくりしました。
眺めが良かったです。



不動の花火は、初めて見に行きましたが、とても大きな花火と、大きな音に驚きました。

そしてたくさん、上がってました。1時間以上やってました。

私のあげたのは、3号で小さくて、写真はとれませんでした。
近いので、5号でも、直江津の10号サイズに見えました。昔、高田公園へ花火をあげていたときも、とても近くてびっくりしましたが、電線が邪魔だったのを覚えています。
不動は、何もさえぎるものもなく、山あいに爆音が響くので、すごい迫力がありました。
子どもたちも、驚いていました。
これはスターマインです。

3567_131350512600.jpg


3567_131350512601.jpg

息子は、虫を探していました。

2011/06/26 20:08 不動の花火

上越市名立区は両親の生まれた土地です。
小さなころの思い出は、名立の山や川や田んぼで遊んだことばかりです。
自分は、名立の自然に育まれて育ちました。

そんな縁のある土地の方と、今日、ご一緒する機会があり、8月16日に花火大会があるので、是非お~るりさんも、花火をあげて欲しいと依頼されました。

値段を聞くと、3千5百円~あるそうです。

OKしました。

不動の花火は、周囲の山に反響して音が大きくて、小さい花火も近くであげるので、大きく見えるそうです。私は、見たことがないので、花火をあげるとしたら、当然見に行きます! 

花火をあげるときに、
「お~るりさんの花火」
ってアナウンスされるそうです。

何発にするか、何号にするか、検討したいと思います。


名立のお祭りの思い出と言えば、8月に七夕があって、夜暗くなってから、長い竹にちょうちんをいくつもぶら下げて、持って歌いながら山を下るというものがありました。小さなころ、浴衣を着せられて一人一本ずつ竹を持ちました。川まで下りて来て、橋から投げるのです。
反対側の山からも列を作って、ボンボリの灯りが下ってくるのが見えて、綺麗でした。

私の子どもたちは、大きくなってから、夏の思い出と言えば、何を思い出すでしょうか・・。
名立じゃなくて、牧の自然の方が多いかな?

今日は、糸魚川のフォッサマグナミュージアムに行きました。

そこで、見たのは、いろいろな化石や鉱石など。
今度は子どもたちを連れて行きたいと思います。