お~るり日記

上越のこと、身の回りのこと。

2010/03/27 23:54 「生きる」

今日は、長女のクラスの保護者の飲み会でした。担任の先生を囲んでの楽しい会でした。
この度卒業し、別の中学校へ行く子の親もいて、話はもりあがり、遅くまで飲んで話していました。

大規模校で、同じクラスの子でも名前と顔が一致しないんです。今日の飲み会でも、中には初めて話す子の親もいて、新鮮な感じでした。
でも、話していく中で、今のクラスが本当に仲良しで、みんなまっすぐに育っていることを実感しました。卒業式の合唱が素晴らしかったことは、前の書き込みで触れましたが・・・。
子どもの数が多いということは、それだけいろんな子がいていろんな親がいるという現実の中で、もまれながら成長できるという利点があると思います。

進学する中学も大規模校です。
中学校生活がどんな感じで進んでいくのか、心配ではありますが、今のこの親たちのネットワークで、みんなで見守っていけば、この子たちの学年は、きっと大丈夫だと思います。

卒業式の日、子どもたちの詩が配られました。担任の先生も、ご自身の詩をみんなの前で発表されました。

それは、谷川俊太郎さんの「生きる」という詩を、各自、自分なりにもじって詠むというものでした。
「生きる」ということは、子どもにとって、どういうものなのか・・・その子によって、バラエティにとんでいて、読んでいてもおもしろかったです。
さて、自分にとって「生きる」ということは、どういうことなのか・・・・改めて考えされられました。

そして、谷川さんの「生きる」という詩は合唱曲になっているのです。


生きる  

         谷川俊太郎

生きているということ

いま生きているということ

それはのどがかわくということ

木漏れ日がまぶしいということ

ふっと或るメロディを思い出すということ

くしゃみをすること


あなたと手をつなぐこと



生きているということ

いま生きているということ

それはミニスカート

それはプラネタリウム

それはヨハン・シュトラウス

それはピカソ

それはアルプス

すべての美しいものに出会うということ

そして
かくされた悪を注意深くこばむこと



生きているということ

いま生きているということ

泣けるということ

笑えるということ

怒れるということ

自由ということ



生きているということ

いま生きているということ


いま遠くで犬が吠えるということ

いま地球が廻っているということ

いまどこかで産声があがるということ

いまどこかで兵士が傷つくということ

いまぶらんこがゆれているということ


いまいまがすぎてゆくこと



生きているということ

いま生きてるということ

鳥ははばたくということ

海はとどろくということ

かたつむりははうということ



人は愛するということ


あなたの手のぬくみ

いのちということ


「合唱団うみなり」さんだったでしょうか・・・聴かせていただいたことがあります。
生きているということ・・・それは、「今」なんだ。すべてが生きているから、この世に存在する。
だけど・・・なくなってしまったモノ、人、ペット・・・それは形はなくても、生きている人の心の中で、生きてることができるんだ・・・そんなことを思います。

今日は、二度目の更新ですが、少し酔っていますので、言い過ぎたかもしれません・・・すみません。
また
明日。

2010/03/25 17:14 旅立ちの歌

今日は息子の卒園式でした。
生後4ヶ月のときから6年間お世話になりました。

3567_126950402200.jpg

我が家としては、長女が8ヶ月のときからお世話になっているので、12年間お世話になったことになります。これで、本当に保育園とサヨナラです。

卒園児の合唱は「ビリーブ」でした。

杉本竜一さん作詞・作曲です。昨日の娘の卒業式に引き続き、杉本さん人気です。

たとえば君が 傷ついて
くじけそうに なったときは
かならず僕が そばにいて
ささえてあげるよ そのかたを
世界中の 希望のせて
この地球は まわってる
いま未来の 扉を開けるとき
悲しみや 苦しみが
いつの日か 喜びに変わるだろう
アイ ビリーブ イン フューチャー
信じてる

もしも誰かが 君のそばで
泣き出しそうに なったときは
だまって腕を とりながら
いっしょに歩いて くれるよね
世界中の やさしさで
この地球を つつみたい
いま素直な 気持ちになれるなら
憧れや 愛しさが
大空に はじけてひかるだろう
アイ ビリーブ イン フューチャー
信じてる

いま未来の 扉を開けるとき
アイ ビリーブ イン フューチャー
信じてる


杉本さんの曲、泣かせます。
涙、涙でした・・・。

3567_126950407300.jpg

長い間お世話になって、感謝の気持ちでいっぱいです。

2010/03/24 15:39 心に残る合唱

娘の卒業式に出席しました。

3567_126940975400.jpg

玄関では、カラフルなパンジーやオブコニカ、サイネリアが祝福してくれました。


3567_126940985000.jpg

入学式でも使うのでしょう。蕾もたくさんついていました。

式はとても素晴らしいものでした。
新しい制服に身を包んだ子どもたちは、大人っぽくて、とても感動しました。

卒業生の合唱はYELL(エール)でした。いきものががりの歌です。昨年の中学校のコンクールの課題曲。二部合唱で、力強く歌っていて、涙が出ました。中学校へ行っても、大きな声で歌う、このままの彼らでいてほしいと願います。

卒業生退場は、在校生の大合唱で送られました。Tomorrowという曲で、作詞作曲は杉本竜一さんです。口を大きくあけて、元気良く歌う子どもたちと、その間を歩く卒業生を見て、また涙が出ました。
CDを流すのではなく、生の合唱で送られるとは・・・思ってもみない演出で感動しました。大勢の卒業生ですが、曲の終わりと同時に全員が退場しました。
たくさん練習されたのでしょう。先生方には、本当に感謝の気持ちでいっぱいです(涙)。

2010/03/20 16:28 この気もちはなんだろう

本当にあたたかな日ですね。

今日、久しぶりに実家に行きました。
3567_126906985900.jpg
クロッカスを見つけました。

こんな日は、この詩がぴったりです。
木下牧子さん作曲で、合唱曲になっています。



            春に
                谷川俊太郎
        この気もちはなんだろう
        目に見えないエネルギーの流れが
        大地からあしのうらを伝わって
        ぼくの腹へ胸へそうしてのどへ
        声にならないさけびとなってこみあげる

        この気もちはなんだろう
        枝の先のふくらんだ新芽が心をつつく
        よろこびだ しかしかなしみでもある
        いらだちだ しかもやすらぎがある
        あこがれだ そしていかりがかくれている
       
        心のダムにせきとめられ
        よどみ渦まきせめぎあい
        いまあふれようとする
      
        この気もちはなんだろう
        あの空の青に手をひたしたい
        まだ会ったことのないすべての人と
        会ってみたい話してみたい

        あしたとあさってが一度にくるといい
        ぼくはもどかしい
        地平線のかなたへと歩きつづけたい
        そのくせこの草の上でじっとしていたい
        大声でだれかを呼びたい
        そのくせひとりで黙っていたい
        この気もちはなんだろう

10代の終わり頃、歌ったことがあります。心に残る歌です。


3567_126906938400.jpg
スイセンのつぼみも膨らんできました。

春ですね。
3567_126906959100.jpg
もう、ヒメオドリコソウが咲いていました。これくらいだとカワイイのですがね・・・。

2010/03/12 22:40 おおるりDVD上映会

2週間ぶりのおおるり練習日でした。
2月28日に市民プラザで発表したときの映像をDVDにしたので、今日はまずは上映会です。

3567_126840023300.jpg
すごい大画面でしょう!昨年、公民館に設置されたテレビです!横のピアノと比べると大きさがわかるでしょうか。こんな大きいテレビは電気屋さんでしか見たことがないので、すごい迫力に圧倒されました(笑)
DVDプレーヤーまで貸していただいて、本当に感謝です!

で、市民プラザの様子ですが、お客様が大勢で、ザワザワした声もたくさん入っていますが、ハーモニーもきちんと聞こえたので良かったと思います。幼鳥たちの声もばっちり入っていて、かわいかったです。

今日は、「ふるさと」、「いつも何度でも」、「この星に生まれて」、などを歌いました。
7月に、牧区の夢まつりと、市民芸能祭(なんと文化会館大ホールです!!)に出演する予定なので、みんな予定を入れないように!

今日の幼鳥はオスばっかり6人いたのですが…。ホネホネザウルスを持ち寄って合体させていました。片付けが大変そうです。
3567_126840113100.jpg

帰り道、公民館の前は、まだこんなに雪が残っています。

3567_126840092700.jpg