お~るり日記

上越のこと、身の回りのこと。

2010/08/01 16:30 こどもフリマ

福祉プラザのこどもフリマに行ってきました。
元親が参加したいということで、売るものもないのに申し込みました。


3567_128064661800.jpg

開店前、みんな張り切って準備。とても賑わっています。


3567_128064667300.jpg

元親も初めてのフリマで、少し戸惑っている様子ですが品物を並べています。


3567_128064676000.jpg

元就は東北電力のマカプウと戯れていました。ちょっとマカプウが気の毒でした・・。

開店しても、元親は最初はうつむいて、持ってきた折り紙を折っていましたが、近所のお友達が遊びにきてくれて、手伝ってくれました。

そして一番大物のメルちゃんのお家は、200円で売れました!
元親もだんだん声が出てきました。


3567_128064697400.jpg

このシールは、けっこう人気でした。
女の子はシールが好きですね。
もともとは、私が買ってやる度に、元親がハサミで一個一個切って箱にためといたものです。
結局、どこにも貼らずに今日、日の目を見たという感じです・・。

2時間たっぷり使ってお店屋さんになっていた元親。
最後は笑顔で「楽しかった~」と言っていました。
私も同級生に久しぶりに会ったりして、疲れたけど参加してよかったです。
今週は、とっても忙しい予感・・。
頑張って乗り切れるように、これから野菜をたっぷりのせた米粉ピザを作って食べようと思います。

2010/07/31 23:08 瞽女さん

今日は、高田瞽女の研究をライフワークとされている市川信夫先生の講演をお聴きしました。
みなさんご存知の映画「ふみ子の海」の原作者で有名な方です。

瞽女さんのことは、漠然としか知りませんでした。目の不自由な女性がグループで、頸城一円の農村を歩いてまわって唄を唄っていたということ・・。各所に瞽女宿というものがあったこと・・大正生まれの祖母が、若いころ瞽女さんの唄を聴いた記憶があるので話には聴いていました。
また牧区にいたころ、ふみ子の海のモデルになったとされる方が牧村の出身ということもお聴きしていました。
今日は瞽女さんについて、その暮らしぶりや歴史的なことをお聴きすることができとっても良かったです。


講演を聴いている人の中で、実際に自分の家が瞽女宿だったとか、近所に瞽女宿があったという方もいらっしゃいました。70代の方が子どものころの記憶です。
だんだんそういう方も少なくなっていきますよね。

市川先生は、お父様が高田瞽女の研究をされていて、ご自分が受け継いだわけですが、今生きている人の記憶から消えていく文化を伝承しようと、様々な機会に講演活動をされています。
すばらしい活動だと思います。
私にもわかりやすく、語ってくださいました。
まだ「ふみ子の海」をご覧になっていない方や、原作を読んでいらっしゃらない方も、機会があれば高田瞽女について関心を持ってみませんか?

私も、もっと瞽女さんについて学んでみたくなりました。

2010/07/28 21:37 早寝・早起き・朝ごはん・読書

夏休み5日目。
小1の元就にとっては初めての夏休みです。
なにしろ、生後4ヶ月から保育園にお世話になっていたので、夏休みなんて今までお盆の3日しかなかったのです。

長い長い夏休みが始まりましたが、彼はとても張り切っています。
アサガオの観察も、勉強も頑張っています。
もともと読書好きで、たくさん本を読んでいますが、とくに生き物図鑑とゾロリのシリーズを読みまくっています。
かいけつゾロリは子どもたちに人気で、アニメにもなっています。
私も大好きです。

今日、帰宅したらテーブルにハガキが一枚置いてありました。
宛名は
「とうきょうと・・・ほるぷしゅっぱんさま」と書いてありました。そして裏には

「ふぁんれたー  ぞろりさんがんばって」
と書いてありました(笑)
何故書いたのかと聞いたら「ふしぎバッチ」が欲しいそうです。
元親に書けと言われたそうです。


暇を持てあまして、今日は黙って外出して、おじいちゃん、おばあちゃんを困らせたそうです。
うちの近所にやぶがあって、カナヘビを探しにいったそうです。
でも、逃げ足が速いので捕まえられなかったとか・・。

さっきは、ゾロリのオヤジギャグドリルをやっていました。穴埋め方式のドリルです。対象年齢は3歳から150歳までとなっていました。
ほんとに、くだらないオヤジギャグなんです(原先生ごめんなさい)けど、我が家では人気です。

本を読むことで、心が鍛えられると思います。

早寝・早起き・朝ごはん・読書

これさえ守ってれば、勉強できなくても人間大丈夫だと思っています。
そう以前、黒川伊保子さんという方が講演会でおっしゃっていました。
黒川さんの著書「しあわせ脳に育てよう!」講談社は、私のおすすめ本です!

脳の発達についてわかりやすく書いてあります。
幸村は先日13歳になりましたが、この時期から3年くらいは、女性はエストロゲンというホルモンが大量に分泌されます。これにより、精神的にイライラしてしまうそうです。
だから、中1女子がイライラして親にぶつかってきても、こっちもイライラしてぶつかるのではなく、「あーエストロゲンのせいだわ」って笑いとばせばよいということです。

さて、私も読書して早寝しよっと・・。おやすみなさい。

2010/06/22 20:33 学びって面白い

今週は中学校の定期テストがあります。
前回同様、私は真剣に学習に取り組んでいます。
JCANで、某学習塾さんのブログもしっかり読んで、闘志を燃やしています。

「植物は、根から吸収した水分や養分は、道管を通る」
「葉で作られた養分は師管を通る」
「茎の断面図を見ると、内側に道管が、外側に師管が通っていて、そのまとまりを維管束という」
植物の単元はとても関心があります。

他の教科も全てチェックします。もれ落ちのないように…。数学は、とくに念入りにやりたいです。+-の符号のついた計算は間違えやすいので要注意です。

正直、小学生のときは、家で勉強はほとんどしませんでした。
でも、中学生になり、すごく勉強がおもしろくなってきました。

私が!


この10日間くらい、幸村の家庭教師○っとまんをしています。全教科教えなくてはいけないので、私は通信教材の解答と解説までしっかり読み込んでいます。
それが、面白くて、ついついはまっています。
忘れていたことが、たくさんあったから。このトシになると、勉強の面白みがわかりますね。


思えば、団塊世代の母や父は、30代のころ、通信制の高校に通っていました。家庭の事情で進学できず、働いて私たちを育てながら、高校生活を送っていました。
そのころ、小学生や中学生だった私より、両親の方が必死で勉強していました。
そんな両親を私は尊敬していました。

私は親から「勉強しろ」と言われた記憶がないのです。言われてたのかもしれないけど。。。親は自分のことが必死で、子どもまで気がまわらなかったのかもしれません。
だから、私も子どもに「勉強しろ」と言いたくないのですが・・・。


さっき、ハンマーで頭を殴られたような気がしました。

幸村「ねえ、テストっていつ?」
おおるり「木曜からだけど」
幸村「え、そうなの!?」

多分、彼は冗談で言ってたんだと思いますが。…そう思いたいです。

2010/06/13 10:31 先生を囲んで和やかに

先週の金曜、元就のクラスの先生を囲んだ親の飲み会がありましたが、ブログUPしようとしたら、横から撮ってたけど、こっち向いてる人もいたんで遠慮しました。
しかし、ひまわりさん、mimiさんからコメントいただき、写真加工に初めてチャレンジしてみました~。

3567_127638887100.jpg


スタンプ風というものにしてみました(笑)
いろんな加工が、初心者でもできるのですね。全然知りませんでした。
とっても盛り上がってた感じが、スタンプ風でもお伝えできたら嬉しいです。

生ビールたくさん出ましたよ。先週の元親のクラスは参加者は全員女子(?)で、最初からカクテルの人もいて、若いノリでしたが…やっぱりオヤジ(失礼)が3人と私の年代が多かったこともあり、ビール出てましたね。
で、このクラスの親は、みんな元気で楽しい人が揃っているということがわかりました。

中学校でもやりたいですけど、今のとこ無さそうです。

自己紹介は、自分の子どもの性格や、兄弟のことなど、みんな丁寧に語っていました。
いろんな考え方のお母さんお父さんがいて、よい情報交換になります。
私のように、子どもたちを0才から保育園に預けて、ずっと働いているものにとっては、近所付き合いもほとんどなく、ママ友と言えるひともほとんどいません。
職場中心の自分ですが、こういう会に出ると、親として同じように悩んだり、頑張っているんだ~って共感すること多いです。

コーラスおおるりの皆さんには申し訳なかったのですが、良い会に参加したので、ご報告でした。