お~るり日記

上越のこと、身の回りのこと。

2010/03/25 17:14 旅立ちの歌

今日は息子の卒園式でした。
生後4ヶ月のときから6年間お世話になりました。

3567_126950402200.jpg

我が家としては、長女が8ヶ月のときからお世話になっているので、12年間お世話になったことになります。これで、本当に保育園とサヨナラです。

卒園児の合唱は「ビリーブ」でした。

杉本竜一さん作詞・作曲です。昨日の娘の卒業式に引き続き、杉本さん人気です。

たとえば君が 傷ついて
くじけそうに なったときは
かならず僕が そばにいて
ささえてあげるよ そのかたを
世界中の 希望のせて
この地球は まわってる
いま未来の 扉を開けるとき
悲しみや 苦しみが
いつの日か 喜びに変わるだろう
アイ ビリーブ イン フューチャー
信じてる

もしも誰かが 君のそばで
泣き出しそうに なったときは
だまって腕を とりながら
いっしょに歩いて くれるよね
世界中の やさしさで
この地球を つつみたい
いま素直な 気持ちになれるなら
憧れや 愛しさが
大空に はじけてひかるだろう
アイ ビリーブ イン フューチャー
信じてる

いま未来の 扉を開けるとき
アイ ビリーブ イン フューチャー
信じてる


杉本さんの曲、泣かせます。
涙、涙でした・・・。

3567_126950407300.jpg

長い間お世話になって、感謝の気持ちでいっぱいです。