お~るり日記

上越のこと、身の回りのこと。

2010/05/07 21:05 海辺での出会い

今日は残業でした。7時近くになって職場を出ると、西の空は朱色でうろこ雲が…とてもキレイで写真を撮ろうとしたのですが、コレといった場所がなく、車で西へ向かって走ったら、海まで来てしまいました。

船見公園に車を駐車し、ひとり海岸へ…。うろこ雲はすでに無くなっていました。

波の音だけが聞こえます。

3567_127323192800.jpg

砂浜で一人ぼっち…写真を撮りました。空には北斗星(多分)がポツンと光っていました。

辺りはだんだん暗くなってきました。さすがに怖くなり、駐車場へ戻ろうとすると、一人のお父さんがタバコを吸いながらこちらを見ていました。
とりあえず、怪しい者と思われたくもないので、
「こんばんは~。キレイだったので写真とりました!」
と挨拶。
お父さんは「もう少し早ければ、夕日が見れたのにね」
と普通に話し始めました。
ご近所の方で、船をもっているそうです。今はサワラが釣れていますが、これからアジの季節。この辺りでは30センチ位のアジがじゃんじゃん釣れるそうです。
お父さんは朝アジを釣っては、遊びに来た長野の人たちにあげているそうです。(太っ腹!!)
「6月に入ったら、日曜の朝ビニール袋持って来なさいよ」
って言われました。

そんな話をしているうちに、どんどん暗くなってきます。
しかし話は続きます・・・。

最近、与謝野晶子の句碑を建てたそうです。晶子さんはこの地を訪れたことがあるそうです。
芭蕉は知っていましたが…。いろいろ教えていただきました。
直江津のお父さんは頑張ってます!と思って嬉しくなったおおるりでした。