お~るり日記

上越のこと、身の回りのこと。

2010/08/10 20:58 おおるり短歌

牧区のやまなみ短歌会から、7月号が届きました。

コーラスおおるりからも2人の方が会員になっています。
身の回りの出来事を短歌に詠むことは、私はできないけど、毎回楽しみに読ませていただいてます。

7月は、コーラスおおるりにとっては、2回のステージがあったので、お二人もコーラスにふれた作品で、心をうたれました。
ここにお一人の作品を紹介します!

月2回 練習の成果今ここに 豊かに響け「コーラスおおるり」

なつかしき牧村民歌大合唱 胸張り歌う声高らかに

上越の合唱祭に初出演 文化会館の舞台に立てり

子ども等も交え三曲精一杯 評価はいかにこれからの途


素敵でしょ!
もうお一人の方の作品も、とっても素敵です。
大ホールでも臆することなく、いつもの笑顔いっぱいのコーラスおおるりで歌えた喜びを詠っていらっしゃいます。
心を合わせて歌えたという充実感が感じられる句です。

素敵な句を詠んでいただき、本当にありがとうございました。



もし、JCVスペシャルで放映されるチャンスがあれば・・(確か撮影されていたと思います)会場に来られなかった方もご覧いただけると思います。

私が必死こいて、盛り上げようとしている姿が・・(笑)


ところで、我が家の中1歴女は、本日無事に妙高登山に行ってきました。
毘のリストバンドをして、謙信タオルを持っていったおかげで、毘沙門天のご加護があったようです。
下山後は燕温泉に入って、六文銭Tシャツを着て帰ってきましたけど。

登山の様子は、中学校から写メールで逐一報告されて、まるで自分も登っているような気分でした。頂上の写真を見て、感動して涙が出そうになりましたよ(笑)
だけど、「下山します」写メールが来てからは、全く連絡がとだえ、ちょっと心配しましたが、予定通り帰ってきました。きっと、引率の先生も、下山は写メールどころではなかったのでしょうね。

参加された皆さんお疲れ様でした。