お~るり日記

上越のこと、身の回りのこと。

2011/07/30 20:24 水の記憶

大変な大雨の被害でした。
被害に合われた方には、お見舞い申し上げます。


今日は正午ごろ、保倉川を見に行きました。
水位はかなり上がっていました。
心配しましたが、じきに雨はやみ、水位も下がってきて良かったです。

平成7年のときのようにならずに、良かったです。

それよりも、昭和60年ころだったでしょうか。
中学生のときの記憶がよみがえりました。

たいへんな雨が降り、中学校の周囲の田んぼが水没し、陸の孤島になってしまいました。
給食は食べずに、牛乳瓶一本貰って、下校しました。
膝上まで水につかり、ザブザブと泥水の中を歩きながら帰りました。

自宅の裏は戸野目川ですが、あと、10センチくらいであふれますって位に、水位が上昇していました。
その時の、目に映った衝撃的な光景が、よみがえりました。

その後、堤防が整備されました。

やはり、長年、川の流域に住んでいる方は、何度かこうした経験を持っていらっしゃるので、今回も不安だったと思います。

同級生が、消防団の格好をして頑張っているのを見かけました。

時代の流れを感じました。

明日も仕事、頑張ります。