お~るり日記

上越のこと、身の回りのこと。

2012/01/02 22:48 合わせるということ

昨夜は、実家でお泊りでした。

義理弟と久しぶりに話しました。
先月、バローで歌ったとき、偶然買い物に来ていて、一曲聴いて貰いました。

彼は、軒猿衆という殺陣サークルをしています。

天地人博のときには、屋台会館の前で劇をやったりしていました。
殺陣は、メンバーの息が合わないと、怪我をしてしまう危険な面をもっています。

殺陣の話をしていたら、彼は「メンバーの一人でも飛び出したりしてしまうと、怪我しちゃうから、合わせることが大事なんだ」ということを教えてくれました。

「コーラスもそうなんじゃない?」

って話をふられて、同感だと思いました。

一人、魅力的な声を持っていても、合わせないで、メンバーから飛び出してしまうと、全体のバランスが崩れてしまいます。

私は、少人数のコーラスおおるりにおいて、合わせるということは、とても大事なことと思っています。
みんな顔が違って、声が違って、歳も違って、生活環境も違っているけど、それでも、私たちが声を合わせて響かせることができてきているというのは、

「みんなで合わせよう」

っていう気持ちがあるからだと思います。

今年の初顔合わせは、1月17日(火)午後7時すぎからです。
会場は落田公会堂です。

今年は、もっとメンバーを増やしたいです。
なんせ、初女声3部合唱にチャレンジしているもので・・まだお披露目していませんが、
すごーく素敵な曲なんです。そして難しいです。
森山良子さんの「家族写真」という曲です。

牧区に住んでる人も、住んでいない人も、牧で歌いませんか?
ただし女声限定ですが・・。(変声期前の男子はOK!)