お~るり日記

上越のこと、身の回りのこと。

2010/03/31 22:21 新しいメンバーで

職場の歓送迎会でした。
一次会は直江津の富寿司で。初めて入りましたが、とってもキレイで、花見御膳もボリュームたっぷりで沢山いただきました。
そして二次会は、まちやでした。

3567_127004141300.jpg

新しい仲間を迎えて、話は盛り上がりました。
明日から新体制で、また元気いっぱい頑張りたいと思います。

でも、今日は直江津は閑散としていました。
タクシーがずらずらと並んでいました。
今週末あたりが、混むのかもしれません。お花見も始まりますしね。

2010/03/30 20:10 出会い

今日は寒かったですね。


3567_126994432100.jpg

チューリップも凍えていました。

今日はお世話になっていたkさんのところへ伺いました。

いろんなお話をして夕方になってしまい、帰ろうとしたら、kさんがケーキを用意してくれていました!
ヒロ・クレインのりんごタルトでーす。

3567_126994449800.jpg

すみません・・・一口いただいてしまってから
「あ!写真とらなきゃ!!」
と気づいてとりました。
洋酒がきいていて、りんごの存在感たっぷりで、美味しかったです。
kさんにお聞きすると、カットしていない一本そのままでも、売っているそうです。
一本まるごと大人買いしてみたい・・・。
ヒロ・クレインのあった場所には、昔たしか書店があって、子どものころよく立ち読みに入った記憶があります。ヒロ・クレインになって、かなり長くたちましたが、お店に入ったことがないです。
今度ぜひ入ってみたいと思います!

ところで、今日はkさんのところで、mさんという方と初めてお会いしました。
私がケーキの写真をとっていたら、mさんも写真をとっていました。
お聞きすると、ブログをされているそうです。初心者だそうです。
「なかま~!」
嬉しくなっちゃいました。
身近にブログをやっている方がいらっしゃって、ますます熱が入りそうです(笑)

最後に・・・kさんホントにお世話になりました。ありがとうございました。お疲れ様でした!

2010/03/29 18:43 ハボタンその後・・・

11月から、かわいがっていたハボタンが、最近ニョキニョキのびてきて・・・。
ついに、黄色い花を咲かせました。


3567_126985555700.jpg


3567_126985559800.jpg

葉の方も元気いっぱいです。

今日は寒いですね。この辺りの桜の開花はまだまだのようです。

2010/03/28 17:16 ひよこ誕生

科学館でひよこの誕生を見ました。
プールはすいていましたが、科学館は家族づれで込んでいました。

3567_126976363500.jpg

生まれたヒヨコたちは、ピーピーとカワイイ声を出していました。

3567_126976373200.jpg

また、今にも誕生しそうな卵があり、大勢の人が固唾を飲んで見守っていました。


3567_126976384300.jpg

ひよこは、卵のカラをふたつに割って、誕生しました。
体が濡れていて、最初は疲れたのかグッタリしていましたが、乾いてくると、元気に動き始めました。
春休みの時期は、ひよこ誕生を毎年行っています。
とってもかわいい姿でしたよ。

2010/03/27 23:54 「生きる」

今日は、長女のクラスの保護者の飲み会でした。担任の先生を囲んでの楽しい会でした。
この度卒業し、別の中学校へ行く子の親もいて、話はもりあがり、遅くまで飲んで話していました。

大規模校で、同じクラスの子でも名前と顔が一致しないんです。今日の飲み会でも、中には初めて話す子の親もいて、新鮮な感じでした。
でも、話していく中で、今のクラスが本当に仲良しで、みんなまっすぐに育っていることを実感しました。卒業式の合唱が素晴らしかったことは、前の書き込みで触れましたが・・・。
子どもの数が多いということは、それだけいろんな子がいていろんな親がいるという現実の中で、もまれながら成長できるという利点があると思います。

進学する中学も大規模校です。
中学校生活がどんな感じで進んでいくのか、心配ではありますが、今のこの親たちのネットワークで、みんなで見守っていけば、この子たちの学年は、きっと大丈夫だと思います。

卒業式の日、子どもたちの詩が配られました。担任の先生も、ご自身の詩をみんなの前で発表されました。

それは、谷川俊太郎さんの「生きる」という詩を、各自、自分なりにもじって詠むというものでした。
「生きる」ということは、子どもにとって、どういうものなのか・・・その子によって、バラエティにとんでいて、読んでいてもおもしろかったです。
さて、自分にとって「生きる」ということは、どういうことなのか・・・・改めて考えされられました。

そして、谷川さんの「生きる」という詩は合唱曲になっているのです。


生きる  

         谷川俊太郎

生きているということ

いま生きているということ

それはのどがかわくということ

木漏れ日がまぶしいということ

ふっと或るメロディを思い出すということ

くしゃみをすること


あなたと手をつなぐこと



生きているということ

いま生きているということ

それはミニスカート

それはプラネタリウム

それはヨハン・シュトラウス

それはピカソ

それはアルプス

すべての美しいものに出会うということ

そして
かくされた悪を注意深くこばむこと



生きているということ

いま生きているということ

泣けるということ

笑えるということ

怒れるということ

自由ということ



生きているということ

いま生きているということ


いま遠くで犬が吠えるということ

いま地球が廻っているということ

いまどこかで産声があがるということ

いまどこかで兵士が傷つくということ

いまぶらんこがゆれているということ


いまいまがすぎてゆくこと



生きているということ

いま生きてるということ

鳥ははばたくということ

海はとどろくということ

かたつむりははうということ



人は愛するということ


あなたの手のぬくみ

いのちということ


「合唱団うみなり」さんだったでしょうか・・・聴かせていただいたことがあります。
生きているということ・・・それは、「今」なんだ。すべてが生きているから、この世に存在する。
だけど・・・なくなってしまったモノ、人、ペット・・・それは形はなくても、生きている人の心の中で、生きてることができるんだ・・・そんなことを思います。

今日は、二度目の更新ですが、少し酔っていますので、言い過ぎたかもしれません・・・すみません。
また
明日。