お~るり日記

上越のこと、身の回りのこと。

2011/06/30 19:36 溺愛

夕方、息子が泣いていました。

昨日、買ってきたカブオが死んでいました。
我が家の玄関先の墓地に埋葬していました。

もともと弱っていたのでしょうか・。昨日はとても、よく動いていたのです。

実はよく聞いたら、カブオは、おじいちゃんに買って貰ったのではなくて、歩いて次女と二人で買いにいったそうです。次女から200円借りたそうです。
昨晩、父親に叱られていました。


そして、弔いが終了した息子は、3年目の夏を迎えたオオクワガタの大ちゃん(人間で言えばおじいちゃん)をケースから出して、なでなでしていました。

3567_130942909700.jpg

「大ちゃんは、かわいいねえ、長生きしてね。100歳までね」
と、指で愛撫していました。

昨年も、一昨年も、こうして溺愛され、あちこち連れていかれ、共にすごした大ちゃんは、たくましいです。
昨年は、一度ケースから逃亡し、次女の靴の中に入っていたのを、知らずに次女が履き、九死に一生を得た大ちゃんです。

息子は手のひらにのせ、「ほうら、広い空を思い出したかい」とか話しかけています。


ところで、タマムシのタマちゃんですが、ケヤキの葉が好物だということで、某所まで行って、葉っぱを少々失敬してきたところ、喜んで食べています。
とってもプリティーです。

2011/06/30 15:08 願いごと

今日は、代休です。

朝から、いろいろ用事を足してきました。
本町から、富岡へ、そして土橋に行って、直江津・・車の中で歌を歌いながら。
今、遅い昼食で、みそきゅうりを食べました。

エルマールに行ったら、七夕かざりがありました。
かわいい願い事がたくさんありました。

今朝、長女に「目標を持て、夢を持て」と話しました。
彼女はおっとりしていて、マイペースで、のん気です。
昨日、ある出来事で、私は娘を思うと悔しくて涙が出そうでした。
本人は、強がって、平気なふりをしていましたが・・。


私は娘に言いました。

「私の夢は、レディーガガみたいに、世界に影響力を持つ女性になること。または、宝くじに当たることだよ。どっちが、先に叶うかなあ」


娘は、
「あんまり、金つぎこむなよ」と私に忠告しました。


さて、休みも後半。
用事をもう一つ思い出しました・・。

2011/06/29 20:07 カブオ

今日、帰ったら、カブトムシのオスがいました。

息子がおじいちゃんから買ってもらったそうです。

「名前なんていうかわかる?」って聞かれたので、あてずっぽうで、

「カブオ」って言ったら、

「え、何でわかるの!?」って、息子が驚いていました。

私も、まさか当たると思わなかったので、驚きました。

2011/06/27 20:23 タマちゃん

夫が友人から、きれいな虫を貰ってきました。

タマちゃんです。


3567_130917353600.jpg

その方は、勤め先の庭で見つけて、我が息子のためにとっておいてくれたそうです。


3567_130917353601.jpg

写真ではわかりませんが、顔がにやけて、デレデレになっています。

タマちゃんには、逃げないで欲しいです。

彼氏募集中だったカブ子が、逃げてしまったので・・。

2011/06/26 20:08 不動の花火

上越市名立区は両親の生まれた土地です。
小さなころの思い出は、名立の山や川や田んぼで遊んだことばかりです。
自分は、名立の自然に育まれて育ちました。

そんな縁のある土地の方と、今日、ご一緒する機会があり、8月16日に花火大会があるので、是非お~るりさんも、花火をあげて欲しいと依頼されました。

値段を聞くと、3千5百円~あるそうです。

OKしました。

不動の花火は、周囲の山に反響して音が大きくて、小さい花火も近くであげるので、大きく見えるそうです。私は、見たことがないので、花火をあげるとしたら、当然見に行きます! 

花火をあげるときに、
「お~るりさんの花火」
ってアナウンスされるそうです。

何発にするか、何号にするか、検討したいと思います。


名立のお祭りの思い出と言えば、8月に七夕があって、夜暗くなってから、長い竹にちょうちんをいくつもぶら下げて、持って歌いながら山を下るというものがありました。小さなころ、浴衣を着せられて一人一本ずつ竹を持ちました。川まで下りて来て、橋から投げるのです。
反対側の山からも列を作って、ボンボリの灯りが下ってくるのが見えて、綺麗でした。

私の子どもたちは、大きくなってから、夏の思い出と言えば、何を思い出すでしょうか・・。
名立じゃなくて、牧の自然の方が多いかな?

今日は、糸魚川のフォッサマグナミュージアムに行きました。

そこで、見たのは、いろいろな化石や鉱石など。
今度は子どもたちを連れて行きたいと思います。