㈱オンダ建築デザイン事務所

題して「ちょっと一息」    ちょっと一息ついた時に書き込みます。

2014-03-03 17:00:04.0 2014 J1開幕戦アウェー仙台戦に行って来ました。

3月1日(土)、いよいよ2014年J1シーズンが開幕しました。

 

過去2年間、開幕戦勝利が無かったので今回はなんとか勝って、

 

「勝ち点3を獲得」 を信じ、朝5:45出発!!

 

 

あいにくの曇り空、磐梯山SAでは磐梯山のシルエットが微かに

 

見える程度でした。

 

駐車場に止まっている車は、ほとんどが新潟アルビレックスの

 

サポーターでした。(すごい!!)

 

 

仙台泉インター近くのホテルに車を止めていると、すでに到着していた

 

新潟サポーターのおじさんから、

 

「もうすぐ、バスが来るから急いで」と言われ、急いでバス停に行くと8人

 

くらいの新潟サポーターがバスを待っていた。

 

 

 

 

いよいよ、スタジアムに到着。

 

スタジアム周辺は、すでに開幕を待ちわびたサポーターで盛り上がっていました。

 

   

 

 

 

  試合結果はご存知の通り、

 

       2対1で見事勝利!!

    (バンザーイ!!・バンザーイ!!)

 

ホージェルガウーショの矢のような決勝点で勝ち点3獲得。

 

最高の盛り上がりでした。

 

新加入の松原もなかなか良いし、レオシルバ、成岡の2ボランチも試合を

 

おもしろくする。

 

ホージェルガウーショが本当にチームに噛み合うと、かなり戦術に

バリエーションが出て、見る人がワクワクするサッカーになりそうです。

 

 

ユアテックスタジアムの印象

 1.立地条件は、泉中央駅の隣なのでとても良い。

   車で行く人は、駐車場確保が大変かな。

 

 2.入場まで50分くらいかかり、席を確保して売店で飲み物・食事を

   買うのに1時間。

   それどころか、1時間くらい待って、いよいよあと10人くらいで自分の

   番になる所でビール完売、ハイボール完売、チューハイ完売。

   残るは熱燗(日本酒)のみ。

   結局、僕のところで日本酒を買ったらそこで完売!!

 

   僕の後ろに並ぶ大勢の人からは、一斉に エー!!”

   (この時、後列の人たちの失望感は計り知れません)

   

   それでもマナーの良いアルビサポーターは現実を受け入れて

   混乱もなく平穏でした。(これぞ、新潟魂)

 

ユアテックスタジアムは通常アウエーサポーターは多くても1800人。

過去の新潟サポーターは、2000人~2200人。

 

しかし!!今回3200人は入ったと思われる。

いつもより1000人以上多いサポーター達が来たのだから、

そりゃ売り切れにもなるでしょう!!

 

でも、すでに前売りチケット数で入場人員が分かるのだから

ちゃんと対応ができるはずだと思う。

 

その点、ビッグスワンは、売店、試合の時の周辺の運営は

すばらしいなーと改めて感じた。

 

試合が終わり、まだ4時だけど祝勝会をするため泉中央駅横の

4時半からやっている ”うまいもの市場” へ移動。

 

入店するとすでに店内は満席。

入口レジにはベガルタ仙台のグッズが並びすでに

アウェーの雰囲気がプンプン!!

 

10分ほどで席に案内されメニューを注文。

スタジアムで牛タンを食べたので ”ホルモン鍋” と ”さしみ盛”を注文

これは、とても美味しかったです。

 

 

 

完全アウエーの中、一人だけアルビユニホームの山ちゃん。

 

 

2時間ほど3人で祝勝会をしてレジで会計を済ませると、

 

突然、声をかけられた。

 

「ようこそ、仙台に来てくれてありがとう!」

 

それは、仙台サポーターの相澤さんという方でした。

 

「是非、私達のグループの宴席に顔を出してください。」 と言われ、

 

言われるままについて行くと20人くらいのグループで盛り上がっていました。

 

アウエーチームサポーターの中で、しかも新潟が勝ったので

 

トラブルにでもなったらと心配になったのですが、

 

皆さんが拍手で迎えてくれて、しばしサッカー談議になりました。

 

試合が終われば、勝負関係なくノーサイド。

 

「サッカー好きに変わりなし、仲良くサッカーを楽しみましよう」

 

楽しい時間を過ごしました。

 

共通する意見として、「マナーのあまりよろしくない、どこかの

 

サポーターとは、こんな感じは難しいよね!!」でした。

 

最後に、山ちゃんより「ベガルタ仙台」をコール!!

 

そのあと、皆でコールして、握手をして、

 

「次回、新潟ホーム戦で逢いましょう!!」 

 

電話番号を交換しました。

 

 

スタジアム運営にイライラ感が募ったのが、最後にこんな素晴らしい

 

交流があり、すべてチャラになりました。

 

声をかけてくれた相澤さん、サポーターリーダーの三部さん、

 

本当にありがとうございました。

 

仙台が好きな街のひとつに加わりました。

 

僕らも今度、他チームのサポーターにも心から接していきたいと

 

思った旅でした。

 

※感激のあまり仙台サポーターの皆さんと写真を

              撮るのを忘れてしまいました。・・・・残念!!