大嶋建設興業スタッフブログ

2020/01/27 08:41風邪ひき中の私が思う

皆様こんにちは。

 

風邪ひき中ですが、熱があるわけでもなく…ただただ、のどが乾燥している。咳がたまに…鼻水がでる。

 

こんな風邪を3,4日続けております。

 

そして、寝るときにとても乾燥していてマスクをしながら喉を潤わせ寝るのですが・・・。

鼻が詰まっているのでとっても息苦しい。

 

そんな事皆さんはありませんか?

最近の住宅では気密がいいので乾燥している傾向もあります。

 

 

対策はないのか?と調べてみると・・・。

1、喚起をこまめにする。

2、湿度のバランス

3、室温の調整

 

など書いてある記事がありました!

 

喚起は、寒いのであまりしていなかったり・・・。

ですが、2,3時間に1回はしたほうがいいなどと書いてありました!寒い冬だからこそと・・・。

 

湿度は、至る所に水を張った容器をおいてみたり、加湿器、洗濯物を干すなどかいてありましたが、やはり限界が…。

窓を冷やさないように二重サッシを取り付けることで、結露を防ぎつつ湿度を高めることが可能ですチュッ

 

 

 

そして、室温の調整には温度と身体の免疫力には密接な関係があり、身体を冷やさないことは風邪の予防として大切なポイントです。
室温はエアコンなどでしっかり調整することが可能ですが、重要なのは足元の温度です。床面の温度が低くく、足元が冷やされると徐々に体温は奪われていきます。
足元の温度低下の原因として考えられるのが、コールドドラフト現象です。 エアコンから出た温かい空気が冷たい窓に当たり、急速に冷やされることで、部屋の低い位置に冷気が流れる現象です。
エアコンの風が窓に当たらない工夫や、窓を冷やさないことで予防することができます。
もちろん床暖房も効果的うれしい

 

今年の冬は暖冬ですがそれでも寒い・・・そして、インフルエンザもまた増えつつあります。

 

皆様のご自宅もこの機会に風邪に強い家を一緒に考えていきましょう雪の結晶

 

 

Trackback

▼この記事のトラックバック用URL

Comments

お名前(必須)
メールアドレス
URL
コメント(必須)
※コメント以外の内容を次回も使用