大嶋建設興業スタッフブログ

2016-01-29 15:18:57.0冬を旨とすべし

こんちには! 木澤 賢です。

 

今年は暖冬で過ごしやすかった冬だったと思われます。

 

ただ、こんな年も珍しいですよね。

 

家造りについては

 

徒然草で『夏を旨とすべし』と言う言葉がありました。

 

つまり家を造るときは夏の住みやすさ優先して造るのがよい。と言われてました。

 

だから日本家屋は寒い家が多い。最近になり低炭素住宅基準 平成25年省エネ基準 ゼロエネルギー住宅基準と

 

ようやく住宅についても基準があがってきましたね。

 

以前、寒い住宅に住むとヒートショックやその他呼吸器疾患等様々な健康に害すると話ましたが、

 

これからは『冬を旨とすべし』ですね。

 

英国では冬季の室温として21度を推奨し最低気温が16度以下になる住宅についれは改善命令がでる程です、

 

欧米ではその様な国が多いです。

 

熱が一番逃げるのは窓からですが、その窓についても、日本の今までは熱貫流率(低い程高性能)2.33以下を高性能断熱サッシ

 

と言われてましたが、 ドイツでは1.3超の物は使用禁止!

 

それもようやく日本でも1.0を切る物が出てきました。

 

 

とても惚れ惚れする窓ですね。

 

 

工事ですが、

先週体育館天井材落下防止のネット張りも完了しました。

 

 

そして12月よりリフォーム中の2階全面改修も完了です。

       

                      ↓

アフター

 

 

 

 

 

 

 

Trackback

▼この記事のトラックバック用URL

Comments

お名前(必須)
メールアドレス
URL
コメント(必須)
※コメント以外の内容を次回も使用