大嶋建設興業スタッフブログ

2018-05-19 14:41:02.0住まいには木が一番

こんにちは!大嶋建設興業です。

 

ここ最近、北海道から沖縄にかけて全国的に地震が多い気がします。

 

地震が多発する日本では古くから建築用材として木材が使われてきました。

地震によって受けるエネルギーは建物の重量に比例します。

 

同じ重さによる強度比較では木材の圧縮強度はコンクリートの5倍、引張強度も鉄の4倍以上と木の家は地震の影響を受けにくい。

 (日本人の知恵はすばらしいですね)

 

そして木にはまだまだ良い所は沢山あります。

 

触れた時に『ひやっ』と冷たく感じる鉄やコンクリートにくらべて木材は『やさしい』『温かい』と感じます。

それは熱を伝えにくく 触れた時に温度が奪われにくいからです。

『冬暖かく夏涼しい』住まいとなります。

 

そしてこれからの梅雨時期にも強い味方!調湿機能もあり。多雨多湿の気象にもピッタリな材料です。

 

その他

目にやさしい・・・有害な紫外線を吸収して、ほとんど反射しません。人が温かさを感じる赤外線を多く反射します。

香りがストレスや不安を解消する・・・睡眠時のアルファ波を増加させたりストレスを和らげたり血圧を下げる効果があると言われてます。

 

 

 

 

 

 

 

Trackback

▼この記事のトラックバック用URL

Comments

お名前(必須)
メールアドレス
URL
コメント(必須)
※コメント以外の内容を次回も使用