大嶋建設興業スタッフブログ

2017-03-18 16:53:15.0 緑化。。

昨日、今シーズンのオーナー様ご提案商品の検討に台場で、展示会~外苑~表参道をひたすら歩く。歩く。

表参道の一本路地に入ったところに、学生時代からよく通ったインテリアショップHPDECOで今もこれからの飽きないインテリアを再確認。

 

都会の路地裏のグリーンの配置。

私好みの雑然とした中に主張しないクリスマスローズ。

真似したい植え方です。

 

 

そして壁面緑化も上越ではあまり見かけない手法です。

鉄+植物。

もう少しで後ろの外壁にびっしりとツタが生えていいコントラストになるんだろうな~

 

上越に戻り今朝の我が家のクリスマスローズ。

まだまだ雑然感が足りない。

 

春めいて頭の中がガーデニングでいっぱいです。

 

そうそう。展示会で以前から気になっていたシリーズを目にすることができました。

 

東京タラレバ娘でも使われているこのキッチン。

なんでも機能をつけ放題のキッチンもいいが、シンプルに暮らすにはこのくらいがいいのかな~と。

アイアンフレームにくすんだステンレス。

 

やっぱり私は鉄と錆びがお気に入りです。

2017-03-08 16:04:59.0 窓のリフォーム「マドリモ」

暖かくなってきたと思ったら、また冬に逆戻りですねふらふら

天気予報で雪マークが付いていましたが、こんなに降るとは思っていませんでしたあせあせ

 

こんな日は窓際から冷気を感じませんか? 

以前、ブログやかわらばんでもお話しましたが、家の中でもっとも熱の出入りが多いのは『窓』です。

夏は外の熱の74%が窓から入ってきてしまい、冬は部屋の熱が52%窓から逃げてしまうのです。

 

部屋が暑い・寒いと思っても、冷房を強くしたり暖房器具を増やしたりと、その原因が窓だということに気づきません。

それでは光熱費がかさむだけで、根本的な解決にはならないのです。

 

今回ご紹介するYKK APの窓のリフォーム「マドリモ」は、今までの窓のリフォームとは違い、

①壁工事不要

  外壁を壊したり騒音・粉塵の発生がない

②室内施工可能

  2階の窓も足場不要でコスト削減

③いろんな窓に対応可能、窓種も変更可能

  雨戸付窓や面格子付窓、開かない窓を風を通せる開く窓へ

 

既存の窓枠は残したままガラスだけを外します。

そこに新しい窓をかぶせて取付けるだけ電球

工事は簡単施工で、約2時間~半日で完了してしまいます。

 

 

窓の断熱を良くすると、光熱費がおさえられるだけでなく結露も軽減うれしい

※結露をなくすには、フレームの「樹脂化」とガラスの「二重化」がポイント!

 

窓のリフォームをして、冬の寒さからお別れしませんか?

いつも居るリビングや寝室だけのリフォームでも効果がありますよにこにこ

また、外からの騒音で睡眠や勉強などの妨げ、楽器の演奏などの屋外への音漏れ等のお悩みの方も、窓を変えるだけで大きく軽減されます。

 

お見積り致します、お電話下さい。 ☎025-599-2523

2017-03-02 15:19:46.0 300個の風船に初めて埋もれました笑

 

冬のイベントも終盤!

2月25日に行われた灯の回廊ゆきだるま

皆様、見に来ていただけましたか?

 

私はといいますと・・・。

朝から気合をいれて事務所まで小走りしたら、

つるつるの道路で大胆に転んでしまい・・・。

今も・・・ひざと腕が擦り剥けております・・・。

 

足を引きづりながらの・・・出社・・・。笑

目撃者は、急に消えた!と笑っておりましたあせあせ

気を取り直して・・・

1日かけて、少ない人数+ボランティアに来てくれた友達と

風船を膨らませたり会場をならしたり、時々300個の風船の中に埋もれてみたり・・・笑

風船とキャンドルをすべて設置して、4時半うれしい点火ですクラッカー

なんだかみんなが指揮者みたい笑

 

 

 

 

だんだん薄暗くなり・・・。

 

 

いよいよスタートですラブハート

 

シャボン玉とのコラボなのに、風向きによって全然違う方向へ飛んでいってしまったり笑

撮影するには難しさもありましたが、子供たちは手作り道具で大きなシャボン玉をつくったりと楽しんでもらえたようでした。

 

地域のみなさんも、いろいろな場所で今年も雪像をつくっていらっしゃいました。

なんだか、地域が一丸となって何かをするって、本当にいいものだなぁ・・と思いました!

 

お蕎麦もやっぱりおいしかったなぁ・・・。

 

休憩後、夜の写真を撮ってみました。

 

その際、見に来てくれた多くの方と、しゃぼん玉を一緒にしたり会話をしたりと楽しませていただきました。

その中には、なんと!「毎年ここだけは見に来るんです」と、言う高田方面の方や、

柏崎の若いカップルさんなどもいらっしゃり、新しい出会いもありました花丸

知り合いの方々もたくさん見に来てくださり、本当にありがとうございました。

 

また来年頑張りますひよこ

 

 

2017-02-23 13:47:24.0 世界の窓

こんにちは! 木澤 賢です。

 

先日 YKKAP品川ショールームへ行ってきました。

 

YKKAPはご存じのとおりサッシメーカー。

 

アルミサッシ単板ガラスから始まり、アルミ樹脂複合サッシ、ペアガラス、アルゴンガス入りペアガラス、樹脂サッシ、トリプルガラス、真空ガラス と15種のランクのサッシをサーモで見て触れて、感じる事が出来ました。

 

私達業者は窓の断熱性能を数値で表して使ってますが、実際の体感からお客様に分かりやすく、窓の大切さを感じれる施設でした。

 

そして年代別の窓を設置した5つの部屋があり入室して窓の傍に立ち、体全体で違いを感じる事が出来き今までの日本のサッシの断熱性能が非常に悪かった事が体感して証明されます。(もちろん高性能の窓の部屋もあり快適な部屋もありますが)

 

そして、世界の窓の断熱性能は

U値 ドイツ1.3 

中国 1.6 

アメリカ 1.7 

日本は2.33

(U値とは 熱の伝えやすさを表す。室内外の温度に1度の差がある時に1時間に1㎡あたり

通過する熱量で数値が小さい程断熱性能は優れてます。)

 

 

 

 

 

 

 

 

今の日本では0.91 等 高性能窓はありますが、まだまだ普及率は低いです。

2.33なんて窓は使用してはいけない!

いや、もはや窓じゃない!

 

電気料金もこの10年で25%UP,医療、介護費も2倍から3倍になると言われてます。

 

住宅と医療、介護費?と思われる方も居ると思いますが、実は密接な関係があり温かい家に住むと健康になると実証されています。

 

 

だから温かい家で暮らそう!

体のため。

ぴんぴん長生きするため。

介護する子供のため。

地球のため。

 

 

今日は雨ですが灯の回廊の整地をしております!

ガサガサ雪。

困った。

 

今年も大嶋建設興業はやります。

 

手伝いたい人、見たい人、お待ちしてます。

 

 

2017-02-17 15:55:24.0 住宅火災から命を守るには

こんにちはにこにこ

天気予報では、今日の最高気温が15℃にもなるそうですが、

寒く感じるのは私だけでしょうか?びっくり

土日は気温が低くなるそうなので、体調管理にお気をつけください。

 

昨日、埼玉県のアスクル物流倉庫から火災が発生しました。

未だに消火活動が行われているようです。

皆様もご存じのとおり、冬はとても乾燥します。

火災が起きやすく燃え広がりやすい・・

今回の火災の原因はまだ分かりませんが、火事は未然に

防ぐのが肝心です!

 

例えば、

・ストーブの上には洗濯物を干さない

・コンセントやコードが密集しているテレビ裏は埃が溜まらないように掃除する

・料理中コンロのそばを離れる時は火を止める

・煙草は火が消えたのを確認してから捨てる など。。。

 

この他にも、冬の太陽は高度が低いため太陽光線が部屋の中まで届き、

ペットボトルや眼鏡などのレンズ状のものに当たり、角度によって焦点を結び

発火するそうです。

出かける際はカーテンを閉めるといった対策をしましょう。

 

昔と今の住宅火災の出火件数を比べると、建物の耐火性能が上がり1980年頃を

ピークに少しずつ減少しています。

しかし、火災での死者数は増えているんです。

出火件数が減少しているのに死者数は増えている・・

これは、1件の火災に対しての死亡率が非常に高くなったと言うことです。

昔の住宅は白い煙をだして燃えていましたが、今の住宅は黒い煙をだして

燃えているのをテレビの映像で目にします。

煙が黒くなる原因は、壁紙に使用されるビニールクロスと断熱材に使用される

ウレタンです。ビニールクロス(塩ビ)はダイオキシンが発生し、ウレタンは有毒

ガスが発生します。

吸い込んでしまったら気を失い、逃げ遅れてしまうのです。

これから住宅建築をお考えの方、リフォームをお考えの方がいましたら、

自然素材の使用をオススメします。

壁や天井に使用される漆喰は不燃性のため、万が一の火事の際にも燃える

ことがなく有害物質も発生しません。

無垢材は熱を伝えにくいため、燃えてもすぐには強度が落ちません。

また、燃えると表面が炭化して燃えにくくなるという特長もあり、有毒ガスも

ほとんど発生しません。

もしもの時の為に、自分達の命は自分達で守りましょう。

 

 

ご家庭に設置してある火災報知器の作動確認は定期的にしていますか?

新築住宅では平成18年から、既存住宅でも平成23年までに設置が義務づけ

られています。

電池式の寿命は5年から10年です。自宅の火災報知器が電池切れでないか、

作動確認をしてください。

ボタンを押すかひもを引っ張るかしていただくと、正常なら音が鳴ります。

何も鳴らない時は、電池切れか本体の故障が考えられます。

その場合、電池交換可能であれば交換を、不可能であれば器具を取り替えて

ください。

自分で購入して交換するのが苦手な方は、当社が承りますのでご連絡ください。