大嶋建設興業スタッフブログ

2017-06-06 11:42:19.0 隈研吾建築

週末に飯山市へ行ってきました。

久々にゆっくりした時間。

 

目的は隈研吾建築。

 

北陸新幹線飯山駅の駅前にたつ、地域交流ホール。

コールテン鋼とカラマツで覆われた山のような形。

裏山の緑と一体となって新幹線の乾いたイメージとのコントラストがいい感じに作られています。

 

公共施設のハコモノ感がなく暖かい。

間隔をあけて貼ってある下見板の間にも網を裏張りしてあり流石。

 

 

 

 

 

このメンテナンスフリーのコールテン鋼。

松之山のキョロロにも使用されていて錆好きな私のドストライクゾーン。

自宅の外壁にもいつか。いつか。

 

 

そして内部は雁木がヒントになっている。

まさに現代風雁木。

 

 

内部は鉄骨の作りを隠すわけでもないが木造風に造作されていました。

梁からつながる造作棚。

 

 

 

建物の中と外につながりを見せるカウンター。

 

つながり。コントラスト。空気感。迫力。 

 

気持ちがいい。

 

大ホールはコンサートのリハーサル中で見学できず。

今度は雪のかぶった姿を見たいな~と。また来るね。

 

 

飯山満喫。

真の目的。