orz記録

おうちとかいしゃのシステム技術のことを中心に書いていこうと思っています。

2011/02/22 23:26【P2V】P2V後にpcAnywhereが動作しなかったのさー。

P2Vやった後に、pcAnywhereが動作しなかったことがあって、慌てて何とかしたときのメモがあったので、上げておこ。

■現象
P2V後(VMwareToolsインストール後)に、P2V前には起動時にサービスとして
立ちあがっていたSymantec pcAnywhereが立ち上がらなくなっていた。
手動で起動しようとすると、以下のメッセージが表示され、立ち上がらなかった。
「pcAnywhereドライバをロード仕様とする間に原因不明のエラーが起きました。」

調査してみると、以下の現象と同様のようだ。
http://qa.itmedia.co.jp/qa3628732.html

■環境
Windows 2003 Server Standard
pcAnywhere(バージョンは失念)

■原因
不明だが、P2VなどでSIDが変更されると、起動できないらしい。

■対処
レジストリの変更が必要。

1.以下のレジストリキーを開く
HKEY_LOCAL_MACHINE>System>CurrentControlSet>Services>AWHOST
2.右側のペインで、Startをクリック
3.DWORD型の変数ValueDataを1に変更(ちなみに、現環境では0004だった)→OK

参考情報
http://service1.symantec.com/SUPPORT/pca.nsf/docid/2003082808432312?Open&docid=2003112109262212&nsf=pca.nsf&view=docid
http://www.symantec.com/connect/forums/unknown-error-occurred-while-trying-load-pcanywhere-drivers

では、またー。

Trackback

▼この記事のトラックバック用URL

Comments

お名前(必須)
メールアドレス
URL
コメント(必須)
※コメント以外の内容を次回も使用