orz記録

おうちとかいしゃのシステム技術のことを中心に書いていこうと思っています。

2013/07/22 16:44【自動化】【VMware】cobblerでゲストOSインストール時にEPELリポジトリも登録しておく

会社から更新。社会人失格。ま、技術の話題ですから。

タイトルの件、ザックリ。自分向けの備忘録。
/var/lib/cobbler/snippets/epel_repo_install
という空ファイルを作成し、以下の内容を記述します。

wget http://ftp.riken.jp/Linux/fedora/epel/RPM-GPG-KEY-EPEL-6
rpm --import RPM-GPG-KEY-EPEL-6
wget http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/6/i386/epel-release-6-8.noarch.rpm
rpm -i epel-release-6-8.noarch.rpm

上2行はGPGキーを取得してインポートする内容。
下2行はEPELのパッケージ本体を取得してインストールする内容です。

保存したら、
/var/lib/cobbler/kickstarts/XXXX.ks(XXXXは任意のKickstartファイル名)
ファイルを開いて、
%post
$SNIPPET('epel_repo_install')
という感じで記述。

これで完了。簡単でしょ>自分

ではでは。

Trackback

▼この記事のトラックバック用URL

Comments

お名前(必須)
メールアドレス
URL
コメント(必須)
※コメント以外の内容を次回も使用