orz記録

おうちとかいしゃのシステム技術のことを中心に書いていこうと思っています。

2011/06/26 22:44 Console2+Nyaosがいい感じです

cmd.exeがダサいです。まったくもって救いがたい。
ウィンドウの幅が広げられないなんて、全く持って信じられないです。

おまけにbashとか触っているからついでに言わしてもらうと、
Ctrl+HでBSが入力できず、Ctrl+Uでカーソル以前の部分を切り取れず、Ctrl+Kでカーソル以後の部分を切り取れず、Ctrl+Rで履歴のインクリメンタル検索ができず、絶望的な気分になります(言い過ぎ)。

さて、そこで出てきたのがタイトルのとおりConsole2+Nyaosです。
Console2はcmd.exeのラッパーとして働き、Nyaosはtcshライクなコマンドラインシェルとして働きます。
これがサイコーに使いやすいと思う今日この頃です。

Console2はちょっと前まではckwだったんですが、なんかckw+Nyaosは画面表示が遅かったので、
Console2に乗り換えました。
そのConsole2も、ちょっと前までは日本語(2byte文字)の入力が全くダメだったんですが、最近日本語入力可能になるように修正してくれた、スゲーよあんた!みたいな人が出てきまして、ありがたーく使わしてもらっております。

cmd.exeのダサさに辟易して代替手段を探したのが6月初旬だったから、ひっじょーにタイムリーで、それが尚更勝手に運命感じちゃうところでございます。

Console2日本語化に関しては以下のリンク参照。
http://d.hatena.ne.jp/atsuoishimoto/20110522/1306055654

Nyaosに関しては以下のリンク参照。
http://www.nyaos.org/

2011/06/26 22:30 あれ?なおってる!でも・・・。

うちのchrome on lubuntu 11.04から記事が投稿できるようになっている。
いつのまにか。

うれしかー。

でも、ブログ画面右上の検索画面で検索しようとするとエラーが・・・。

かなしかー。

2011/06/26 22:30 キーバインド変更 on lubuntu 11.04

以前「うちのubuntu」でキーバインドが変更できない旨の記事を書きました。
http://blog.jcan.jp/sperion/27156/

結論から言うと、以下のようにすれば良いことがわかりました。

$tourch ~/.xsessionrc
$vi ~/.xsessionrc
上記ファイルに
xmodmap ~/.xmodmap
を記述。

これでCapsLock←→Ctrl交換ができるようになりました。

さらに言うと、/etc/rc.localにXの設定を書いてしまっていたってことがいかにに自分がXを理解していないかを痛感させられることでした。いまさらながら。
Xを理解していないというか、なんて言うんでしょう、システムの設定とユーザの設定をごっちゃにしていたというのもあるし、コンソールの設定とXの設定とをごっちゃにしていたってことでもあるし。お恥ずかしい限りです。

で、上記での解決策にどうやって行き当たったのかというと、
lxdeとlxdmの設定を弄りたいなと思っていて、設定ファイルがどこにあるかを探してました。
lxdmの設定ファイルは

/etc/lxdm
ってディレクトリがあって、ここにXsessionスクリプトファイルも置いてあるみたいでした。
それで、Xsessionスクリプトファイルを見ると、

exec /etc/X11/Xsession /usr/bin/startlxde

としている部分があったので、何気に/etc/X11/Xsessionを覗いてみたら、以下のような部分がありました。

OPTIONFILE=/etc/X11/Xsession.options

SYSRESOURCES=/etc/X11/Xresources
USRRESOURCES=$HOME/.Xresources

SYSSESSIONDIR=/etc/X11/Xsession.d
USERXSESSION=$HOME/.xsession
USERXSESSIONRC=$HOME/.xsessionrc
ALTUSERXSESSION=$HOME/.Xsession
ERRFILE=$HOME/.xsession-errors

それで、.xsessionrcにxmodmapコマンドを書いておけば、ログインしたときに効くんじゃないかな?
と思って書いてみたところ、うまくいきました。よかったよかった。