子供の食事に野菜スープを

子供って食事が偏りがち。野菜スープを活用して栄養バランスを整えましょう。

2014-09-29 16:19:19.0 生ごみから野菜を収穫.

今年の春まで小学校教師をしていましたが、心の中に「鬱むという厄介なものが住み着いたため、休職・復職を繰り返した後、早期退職をしました。今は同業の妻の収入にたよっている「専業主夫」です。

というわけで、家事全般(洗濯物の汚れ物を触る事以外)のほとんどを今は私がしています。妻の収入が確実にあるとはいうもののこりまでの半分になったという事で、とにかく「節約」という事をあれこれ考えました。

また、そうやって自分で工夫してやってみる事で、「鬱だ」という劣等感について考えずに済むこともありました。そんな節約の中で考えた一つが「生ごみを減らす」という事でした。

神戸市はごみの処理が大変になってきたため、市指定のごみ袋を買ってそれに入れて出さないと、ごみを収集してくれなくなりました。少しでもごみが減れば、袋を使う必要も少なくなり、出費の減少につながると考えたわけです。

で、はじめたのが「野菜ごみは庭に穴を掘って埋める」という事でした。家事、特に食事の準備をしていて一番多く出るのがプラスチックですが、これはもうリサイクルされるようになっています。

しかし、生ごみ、特に野菜の皮や切れ端についてはどうしてもゴミとしてたまってきます。そこで、調理の時に野菜ごみだけを分けて置いて、最後に庭の隅に穴を掘って埋めていく事にしました。
本当なら生ごみを肥料にしてくれるような機械や「コンポスト」のようなものがほしかったのですが手間がかかるので、とりあえず、あちこちに少しずつごみを埋めていく事にしました。
しばらくの間はこの方法も調子が良かったのです。しかし、家の勝手口のそばの土地はそんなに広くもありません。そのうち「今日も埋めよう」と掘ると、前の生ごみが出てくるようなことがよくおこるようになりました。

というわけで、だんだんと埋める場所が無くなってきて結局この方法は、途中で挫折してしまいました。またしばらくして今まで埋めたものが土に還ったらはじめようと考えているところです。
しかし、こんないい加減なん方法でも面白い事がおこりました。生ごみを埋めた場所に時々行ってみると、野菜の種が発芽して大きくなっていることがありました。シンクピアは生ごみ処理機の専門会社

それを見つけて別の場所に植え替えて大きく育ててみると、ジャガイモがいくつもできたり、夏には真っ赤なミニトマトがいくつもできたりして、お弁当のおかずにすることができました。
予想外の展開に「あまりいい方法ではないけれどもおいしく食べられた」と家族には黙ったまま一人自分の考えた事の予想外の展開を喜んでいます。というわけで、生ごみも、十分肥料になったり、もう一度育てたりすることができるという面白さを見つけさせてくれました。

2014-09-19 16:35:34.0 温泉の良さがだんだんと分かってきました.

温泉に初めて入ったときのことは、未だに覚えています。温泉というか、近くの銭湯でした。小学校1年生のときだったのですが、とにかく熱くて、入っていられませんでした。
その記憶があるせいか、温泉=ものすごく熱いというイメージが抜けなくて、ちょっと温泉が苦手になってしまいました。静岡 温泉
もちろん、それ以降も温泉に入る機会は何度かあったわけで、入るたびにビクビクしています。大人になってからやっと、少しずつですが温泉の楽しさが分かってきたように思います。
さすがに、何度か入るうちに慣れてはきました。自分の勝手な考えですが、温泉に慣れてくる=大人になったみたいな感覚があり、そんなに怖がらずにすんなり入れたときは、嬉しかったものです。
ただ、入りすぎると疲れてしまうらしいので、入りすぎないようにはしています。今でも長くは入れないんですよね。基本的に熱いのが苦手なので。
長すぎない程度に浸かって、おしゃべりして、すばらしい景色を眺めて、ゆったりとした時間を過ごすことができるなんて、なんて温泉は素晴らしいのでしょう。

2014-09-09 17:10:47.0 タオバオでのお買い物.

タオバオ、中国では知らない人のいない超有名なショッピングモールサイトですね。日本からは直接買うことは確かできなかったように把握していますが、実際はどうだったでしょうか。中国製品の代行 輸入も人気が出そうです。

現地の友人も忙しいため、あれやこれやと買い物しているようでした。興味半分で私ものぞいてみたところ、以外にもおもしろそうな商品がズラリとそろっていました。

季節に対応した商品の品揃えで、中国の文化も知ることができる楽しいサイトだと思います。もちろん掲載されている商品もほとんどが中国製のようですね。

食品だとちょっと不安がありますが、それ以外の雑貨等は普通に安いし魅力的です。日本語表記がないので、ほとんどの日本人は、第一印象で「あ、日本語じゃないし分からない・・・」となるかもしれません。でも日本へは送料これくらいですよ!とか日本語スタッフが最初から最後まで対応します!といったサービスがあるといいですね。たしか中国輸入代行といったサービスを提供しているところもあったように思います。韓国の日本で展開している某サイトは、そのへんで使い勝手がいいんですよね。期待してます。