子供の食事に野菜スープを

子供って食事が偏りがち。野菜スープを活用して栄養バランスを整えましょう。

2014-12-25 09:45:36.0 介護職にすごく興味があります.

以前から介護職に興味あり、何かしらの形でかかわりたいなと思っています。例えばヘルパー2級を取得してそういった業界で働ければいいなと思っているのですが、1つ悩みというか不安に思っていることがあるのです。

それは、過去にぎっくり腰に何度かなったことがあります。今も少なからず腰痛を感じている状態です。天気が悪い時などはとうに感じます。東京都内の深夜介護タクシー

常に腰痛を感じているわけでは無いけど、同じ姿勢で長くいるとし続けると痛くなったり、何か重い物を持ち上げるときには無意識に腰をかばったりします。

疲れていたり、休みの日に1日歩いたりすると必ず腰痛を感じます。こういった腰痛持ちで介護職が務まるのかなということです。

介護者は自分で歩けない時などは抱えたりしないといけないので、かなりの力仕事ですよね。腰痛持ちの私でそれができるのかなと思っています。

でも介護にはすごく興味があるんですよね。確かに介護職は腰を使います。まだ介護職についていないのであれば、ヘルパー2級の講習を受けた後に再度考えてもいいかもしれませんね。

ヘルパー2級の講習の時に腰をどのくらい使う作業なのかがなんとなくわかると思います。

2014-12-18 10:38:27.0 クリーニングの上手な活用法.

クリーニングにもっていけば汚れもきれいに取れるといいうイメージを持っていると思います。お金を払ってやってもらうわけだからきれいになるのは当然でしょといった気持ちでしょうね。

それもわかりますが、実際はクリーニングでもきれいに落ちないシミや汚れっていっぱいあると思います。クリーニングを頻繁に利用しない方は「キレイになる」と思って出すかもしれませんが、私のように頻繁に利用する人にとっては「ある程度キレイになる」くらいの感覚です。

そのくらい気持ちにゆとり(妥協)がないとトラブルの元です。クリーニング店にクレームをつける時の多くは、「セーターが縮んでいた」「出したのに1着だけない」といった明らかな不備なことですが、一部ではそんなことでクレームするのかと疑問を持つような内容もあるそうです。

そのほとんどがクリーニングに出すと完璧になって戻ってくるという気持ちを持っている場合のようですね。

でも冷静に考えて一度来ている普段着ている中古の服を出すわけですからピカピカになって返ってくるはずはないんですけどね。ある程度で十分だという気持ちを持つことが上手に利用するポイントかもしれません。タンスにあるドレスもたまにはクリーニングに出そう