春香会ブログ

2019/09/09 10:58覚書(楊式規定)8

 

 

13左右穿梭

図83~84

全)右手はすぐ上に上げるのではなく、回しながら上げていく。すぐにはボールを抱えない。

左つま先を中に。

他)83で左足かかとを置いてから次の動作に入る。

図84~85

全)右手は今引いてきた方向へ、逆に出していく。やや大きめのボールを抱える。

図85~86

全)右足はほとんどその場に置き直す。外に振ったり遠くに出したりしない。左足のあるところより、やや右寄りに置く。

足は止めずに次々に動かす。ボールが先に完成してしまいがちなので、手のスピードを調節する。

図87

全)左足を寄せるのと、左手が右手の下に寄っていくのが一緒。体を右に回す。

図88

全)左足を踏み出す時、右手は少し下がり、左手は丸く保つ。

手のひらの向きは84からずっと向かい合っている。

図88~89

全)左手は肘から下が上がっていく。肘を上げてはいけない。相手の腕にくっついている意識を持つ。手首がないような動き。

図89

中)楊式の穿梭は手の位置が近い。制定拳では押す手がはっきりと前にある。

 

 

図90

中)重心移動の時は、一度体を右に回し(左つま先は上げない)、もう一度左に回す時に、その回すのを利用して右足を寄せる。野馬分鬃への入りも同様。

全)体の回しは体の中で。

図91

中)両肘の位置を変えない。形を保ち、崩さない。

図92~93

周)押していく手は脇から。体から離すと押せない。

押していく直前に体をリラックスさせ、下に沈める。

図94

中)上の手で防ぐのと、下の手で押すのが同時と考える。左(右)手が中央へ寄った分、右(左)手は右(左)にずれ、それが上に上がっただけ。

周)上の手を下に下ろせば、摟膝拗歩の形になる。

Comments

お名前(必須)
メールアドレス
URL
コメント(必須)
※コメント以外の内容を次回も使用