春香会ブログ

2020/01/31 11:09覚書(楊式規定)16

37搬攔捶

図222

全)左つま先外、右つま先中、体の回しにつれ、右拳少し下へ、両拳向かい合わせる。

図222~223

他)重心を左に移し、右足を寄せてくる時、両拳をやや右斜め前へ、それから寄せてくると(右足も)寄せやすい。

図223

全)左拳を開き、両手を時計回りに回し、後は8と同じ。

図223~224

全)右拳は左手の内側を通る。

左手はあまり下まで行かず、振り出した右拳のすぐ後から中央を通って出してくる。横から行かない。

図225~226

全)右拳は引いてくる時は上向きだが、腰で構えた時は縦拳になっている。

38如封似閉

 

39十字手

図231~232

中)簡化のように右足に大きく重心をかけたりしない。

伝統楊式のように両手を回したりしない。そのまま下ろしていく。

全)左つま先正面まで入れる。右つま先そのまま。

動きを大きく見せるには例えば手なら肩からではなく、体の軸から動かす。

他)重心は右足に移るが、つま先は外へ出さない。

 

※232で右つま先を外に出し、233でつま先を中に入れてから寄せる方法もある。

 

40収式

図234~235

全)両手は斜めに分け下ろしてくる。簡化のようにしなくてよい。

図236

全)必ず手を坐腕にする形を取る。

Comments

お名前(必須)
メールアドレス
URL
コメント(必須)
※コメント以外の内容を次回も使用