春香会ブログ

2020/02/28 15:20覚書(88式)4

15斜攬雀尾

図59~60

右手のひら上向きで上げていく。

相手の手(肘)を取りにいっているところ。左手は相手の手首。手のひらを返せば相手を押さえられる。

図60

右手のひら下向き、左手のひら上向きに向かい合わせ、引いてくる。

右手が上がっていく時、体を少し右に回す。59で体が右に回りすぎているとそれができないので、回す余地を残す。

右手が上がっていく時、体を左に回すと楊式になってしまう。

16肘底看捶

図65~66

右手下向き、左手外向き。

図67

ここまで単鞭と同じ動き。

図68

左手肘を曲げて左へ払う。小指が上、手のひら外向き。右手は下向きで下へ。

88式は両手の高さが違う。楊式は両手同じ高さで回る。

左足は斜め前方に踏み出す。

図68~69

右手は下向きから回しながら上向きに、回り終わった69では下向きに。

左手はすくうように、69では腰で上向きに。

図69~70

左手は返したらそのまま前へ。突き上げるとか無駄な動きはしない。

右手は拳眼上の縦拳。体の中心は両足の中間。

 

17左右倒巻肱

動きには遠近をつける。70~71では右手は体のすぐ近くを通り、71~72では離れていく。

 

Comments

お名前(必須)
メールアドレス
URL
コメント(必須)
※コメント以外の内容を次回も使用