春香会ブログ

2014/06/18 20:32覚書(長拳)

準備の姿勢・・背中が寄り、胸が開く。太極拳と逆。おなかを引っ込める。

内臓を上に引き上げると腰が伸びる。横から見て腰が伸びるのが重要。太極拳のように臀部をおさめるということはない。

足を上げる時(蹴る時など)は股関節から上げる。練習の時は姿勢を真っ直ぐに保つ。真っ直ぐなままで蹴ることを心がける。弾腿の場合、腰の高さ。

拳、あるいは掌とつま先の位置が同じ・・片手で引き込み、片手で打つ。したがって手と足の位置が同じでないと攻防の意味がない。

同じ位置になるには肩を前に送り出し、体(の向き)が斜めになる。また、高く蹴る必要性も全くない。

馬歩・・必ずつま先を真っ直ぐに、しかし外に開く意識を持つ。腿が地面と平行。低い姿勢の方がかえって楽。股関節を中へ中へと考えると腰が伸びる。

弓歩・・やはり股関節を中へ中へという意識を持つ。前足の腿が地面と平行。後ろ足はぴんと伸ばし、上に乗っかられても大丈夫なくらいに張る。足の裏で地面を押す。

前足のかかとと後ろ足のかかとが一直線上にある・・

理由その1 長拳はその名の通り体をできるだけ長く使う。足が一直線で体を斜め(半身)にすると、拳(掌)が遠くまで届く。太極拳のように足幅を取ると安定はするが、手が遠くに行かない。

理由その2 向きを変えるのがすばやくでき、反対を向いた時に足が交錯しない。

練習する時は高さを変えずに向きを変えるようにする。

掌・・親指を曲げる。四本指をつけ、指を甲側にそらして、小指の下側に力が集中するようにする。

長拳の掌は打つのが目的なので、指が開いていると力が分散する。太極拳は相手の力をいなしたり、腕を引っかけたりするので、指の間を開け、虎口(人差し指と親指の間)を開ける。

また、親指を離していると、相手に親指をつかまれたり、自分の打つのがそれて相手にぶつかったり、相手の攻撃を受けた時に親指をケガするおそれがある。

拳・・腰のところで上向きの拳は、いつ下向きの拳になるのか・・

腰に構えた時は上向き→肘が体の横にあるうちは上向き→肘が体より離れると回転を始める→打ち終わるのと回転が終わる(下向きになる)のが同時。

打った時、腕から拳まで一直線になる。ただし、この場合外から見てどこも平らという意味ではなく、腕から拳まで真っ直ぐな芯が通っていると考えること。手首の中央に芯棒があって、それが真っ直ぐというイメージ。

途中で引き手と向かい合う、引く力で前に出るというイメージ。

打ったり押したりは体の中央に向かって。

抱拳は、腰を抱くという意味。

拳の交差・・相手に振り下ろす方の手が前。例えば相手が右手でこちらの左手をつかんだ場合、相手の右手の上にこちらの左手を重ね、両手をこのまま上げていくと相手の手がはずれる。右手が後ろだと、(こちらの)力の強い場合は別として、はずしにくい。

上から左右に振り下ろす動作・・右拳で振り下ろすその時に左拳の力も利用する。片手だけよりも威力がある。

踢腿・・前に振り上げる時は自分の額が目標。

右足を左に振り上げる時は左の耳が目標。

左足を右に振り上げる時は右の耳が目標。

足が高く上がらなくても、その延長線上に右または左の耳があること。

内側から外へ回す蹴りは135度回す。練習は真横まで回す。つまり角度がちゃんとしていることが重要。回るようになったら次は高さ。最初から高くすることばかり考えてはいけない。

馬歩など、少しきついかな・・と思っても低くしてやること。間違った方法で無理をすると体に悪影響を与えるが、正しい姿勢や方法で少しきついのをやるのは体をいためない。股関節がちゃんと折れれば、動作が楽になる。

                                     長拳講習会より

Comments

お名前(必須)
メールアドレス
URL
コメント(必須)
※コメント以外の内容を次回も使用