春香会ブログ

2014/08/31 08:53覚書(簡化24式)4

図16~20

省略

 

3)白鶴亮翅

図21

前に行かない。腰を回す。腰の高さを一定に。頭を上に伸ばす。

図22

半歩寄せた時、体の中心が全部左足に乗っからない。両足の中心にあるように寄せる。膝が中へ入らない。

図23

重心を右足の裏全体にかける。足の内側(親指側)にかけると、膝が中に入ってつぶれた形になり、膝に負担がかかって痛める。

右足角度は45度だから、体はそれより後ろには回らない。体の前に両手があり、左肘と左膝が合う。膝が中に入らない。

右手は指先少しゆるめて垂らし、24にかけてだんだん立てていく。

図24

左足はポンと置かないで、前にすべらせていくように置き、最後にやや足先に力をこめる。両腿をしめる。

定式の時、肩、肘、手の順に少しずつ体から離れていく。

 

肩と腰は連動している。体はその場で回転すること。

図21~22           図23           図24

           右肩        左肩                          

       体         →        体         → 左肩  体  右肩

  左肩                          右肩

Comments

お名前(必須)
メールアドレス
URL
コメント(必須)
※コメント以外の内容を次回も使用