春香会ブログ

2014/11/27 14:18覚書(簡化24式)10

  図90    図91        図92     図93     図94      図95 

9)単鞭

図90

ここも図77と同様背中側を意識。股関節をゆるめる。

体が浮き上がりやすいので、下に沈める。

図91

右肘と右膝を合わせる。それ以上回すと体がねじれる。

図93

この状態では左足を(正しい方向に)出せないので、体を左に回してから踏み出す。

ここも沈める。

右肘と右膝、左肘と左膝を合わせる。

図94

足だけ先に出さない。手も動かす。

足は15度方向へ出す。両足が一直線にならなければ良い。

ここから左手を返す。ふくらませたりしない。

右肘と右膝、左肘と左膝を合わせる。

足を踏み出した時点で、両股の外側の位置が決まり、その後は動かない。股の内側だけ回って変化する。右足が伸びるにしたがって、右腰が前に来てはいけない。股関節をゆるめた状態を保つ。

図95

かぎ手は手首を曲げると言うよりは、その部分(手首の上側)を伸ばすという意識で。

かぎ手は、重いものを持っていて(下への力)、持ち上げようとする上への力が働いている状態。力なく垂れ下がっている状態ではない。

右肘と右膝、左肘と左膝を合わせる。

図94~95

体の中心は真ん中にある。体の内部で左手の動きに伴い左半身が左足の上に移動していく。

内臓の半分ずつを両足の上に均等に乗せるという意識を持つ。前足に重心があるからと言って、上体の多くが前足の上にあるわけではない。

 

Comments

お名前(必須)
メールアドレス
URL
コメント(必須)
※コメント以外の内容を次回も使用