春香会ブログ

2014/12/28 21:45覚書(簡化24式)13

  図126 図127 図128   図129

14)双峰貫耳

図126

右足を戻しながら腰を少し右へ回す。蹬脚の時より右寄りに足を着地するため。

図127~128

おなかの部分を伸ばさないようにしたまま着地。

右足の踏み出しは、そのまま出すと足幅が取れないので、横蹴りの時の要領と同じに足を出す。前を向いたまま前に踏み出すのではなく、横へ出すように。拳を上げていく時に腰を右へ回す。

図128ではまだ拳にしない。搬攔捶の捶もそうだが、最初からしっかりした拳にしない。ゆるめておき、動作の完成と共にしっかりする。

図128~129

後ろ足が伸びていくだけ。体が前に行かない。体の中心は両足の中間。図128の状態から両拳が上がっていくだけ。肩や肘の状態が変わらない。

図129

拳は相手が立っていると想定して、やや高めに。耳の高さ。

 

 図130     図131   図132     図133   図134   図135

15)転身左蹬脚

図130

拳をゆるめながら。

図131

左手を見る。ここまでに指を開く。

左足に重心をかけすぎない。左弓歩を作ってから・・ではなく、そのまま寄せる。

左肩~左腰~左足のところが軸となるので、これを崩さないよう左足を寄せてくる。

図132

左足かかとを内側にずらすと、寄せやすい。

足を寄せる時は体が少し右へ回る。その時は前(体の向いている方向)を見る。図133以降は蹴る方向を見る。

 

足の上げ方について・・肩の方向へ足を上げていくが、意識としては右手(あるいは左手)の外側に向かって上げていく。蹴ろうとする方向の、更に外側を通るようこころがける。

 

                右足 ◎←目標(更に高く右足を上げるための目標)

                 | 

                右手

                 |

                右肩

 

         目標→◎ 左足 

                 |

                左手

                 |

                左肩

Comments

お名前(必須)
メールアドレス
URL
コメント(必須)
※コメント以外の内容を次回も使用