春香会ブログ

2015/01/02 14:47覚書(簡化24式)16

 

 

         図168                        図169 

 

 

 図170              図171

 

   

  図172   図173  図174   図175

 

21)転身搬攔捶

図168

図167からその形のままで回る。右肘と右膝、左肘と左膝が合っている。形が崩れないよう(力が抜けてしまわないよう)保ったまま回る。右手を見る。

図169

右足をからめるように寄せる。

重心を左足に移して右拳を下ろす。すぐに足を寄せない。

右肘と右膝、左肘と左膝が合っている。右手はボールを抱えたのと同じ形。拳になっただけ。

図170

搬は後ろにいる相手を打つので、腕はやや外側へねじれる。拳が中へ入りすぎない。右肩の前に拳がある。足も両側に開く。拳を振り出した時は進行方向を向く。

図171~172

半坐盤式。

図171

前足は後ろ足のかかとの線上に着地。右かかとを着いた時、後ろ足の上に座った感じになってはいけない。動作を止めない。前へ前へと進んでいく感じを出す。

打った後少し下へ拳を沈める。 少し前へ。すぐ右拳回さない。

図172

ずっと重さを感じながら行く。伸び上がってしまわない。ずっと腰の回転を止めずにいく。

この時はまだ左手は垂らしておく。左足が出る時に一緒に出す。手足の動きを一致させる。手だけ先に行かない。

図171のような(右手の)ねじりが、172~173にもある。 下向きにして引いてくるが、これは腰が回転しているから引いているように見える。

この後すぐ腰に。無駄な動きはしない。

左手は下へ押さえ込む意味がある。

図174~175

右肘が体から離れる時にはもう立拳になっている。 上向きで出ていって、ねじる。体にくっついている時はねじらない。体から離れたらねじって立拳に。肘から出ていく感じ。

前の動作からずっと重さを感じていく。打つ時に伸び上がらない。

左腰をかなり引かないと腰が回らない。 左手は引かない。重心が前に移って状態が前に移動したので(腰が左へ回ったので)左手が体に近づいただけ。図174では左手で相手の攻撃をさえぎっているので、引いてしまっては意味がない。

 

 

  図176    図177    図178    図179    図180     図181

 

22)如封似閉 

図176

左手は上向き。相手の両手の按を左手で(右から左方向へ)はらうイメージ。

図179

膝が中へ入らない。股関節をゆるめて下に座る。

図181

手は前へ、背中は後ろへ。

 

  図182      図183       図184     図185

 

23)十字手

図182~183

右つま先を出してから重心を移し、両手を分ける。分ける時は両手の虎口を合わせる。弓歩なのでさほど低くはならないし、大きく右に回ることもない。

図184

一度腰を左へ回してから右足を寄せる。雲手の時と同じ足の寄せ方。 両手は横で下してくる。体が前に行かない。

 

 

図186 図187 図188 図189

 

24)収勢

図186

膝を伸ばしながら両手少し前に押し出す。

Comments

お名前(必須)
メールアドレス
URL
コメント(必須)
※コメント以外の内容を次回も使用