春香会ブログ

2015/01/11 09:36覚書(48式太極拳)

48式太極拳

門)・・門先生講習会

尾)・・尾崎先生講習会

全)・・全拳協講習会他

中)・・中野先生 

尾)基本運動

抹・・単鞭、穿梭の入り

撩拳

足の準備運動

片方のふくらはぎをもう一方の足で軽く蹴る

 

起勢

全)全体・・脇を通して手と足がつながっている意識を持つ。

図3

門)肩の高さで手のひら下向き。

 

1)白鶴亮翅

図5~6

門)左足つま先を動かさない。 膝を開かない。

尾)肩で靠をする。

全)右足を斜め後ろにつま先で着地した時点では、”少し”体が右に回っている。次に足裏着地しながら大きく右に回す。

図6

門)肩の高さまで来たら手が上下に分かれていく。

図7

門)左手は膝の上の外側。膝より前へ出ない。体の向きが正で、両手の方向が隅(角)。

全)右肘を内側にねじらない。 

 

 

2)左摟膝拗歩

図7~8

全)右手下ろしてくる時ねじらない。

図8

全)ここで両肘の高さ同じ。それを変えないで回す。

中)手が下りてくる時股関節を縮める。

図9

全) 右手が上がってくる時に足を寄せる。

図10

門)右足は伸ばしきらない。お尻を引っ込め、上半身を真っ直ぐに。右手は右胸の前で鼻の高さ。

 

3)左単鞭

図11~12

門)右手は下からすくうように(ボールを抱えるのではない)。

図11

全) 肘と膝を合わせる。腰を回してから右足を寄せてくる。足が先に動かない。

図12

門)右手は左腕の外側を突き刺すように前へ伸びていく。

図14

門)つま先をできるだけ中に、最低正面まで入れる。

図14~15

全)右手押していきながらかぎ手(42式は押してからかぎ手)。肩(手)と腰を一緒に回す。右手だけ振り回さない。

中)右肘先は右膝の上からずれない。

図16

門)足の向きは正で、体の向きは隅。

全)右股関節をゆるめた状態で膝を伸ばす。

 

     隅    正    隅

           |

     正―        ―正

           

            | 

     隅    正    隅

 

 

 

Comments

お名前(必須)
メールアドレス
URL
コメント(必須)
※コメント以外の内容を次回も使用