春香会ブログ

2015/01/26 13:47覚書(48式太極拳)4

8)斜身靠

図47~48

両手拳にして合わせてくる。

図47

門)左手あまり下から合わせない。

中)右肘と右膝、左肘と左膝を合わせる。

図48

尾)この時に両拳を下に沈めると肘が下がってしまうので、少し外側に押し出すようにする。

図49

尾)両拳は外側に少しふくらむようにして、弧で分ける。つまり体から離すようにすると、肘が上がらない。

全)足幅を取る。

図49~50

門)肩と肘で当たる。

図50

門)斜め前方を見る。

中)弓歩なので、西方向へ体を向け、右手を上げていき、最後に少し西南に。

全)右拳を見ていて、最後に斜めを見る。

 

9)肘底捶

全)右手が動いている時左手に注意し、左手が動いている時右手に注意、前の時は後ろ、上の時は下、必ず反対側のことも意識する。

図51

門)右手のひら返す。

図51~52

全)一回目の両手の返し。

図52

全)すぐ足を寄せない。腰を回してから。

図53

全)左足かなり横の方へ着地。つま先下ろすとほぼ真っ直ぐ。後ろ足跟歩(半分の位置に寄せる)。無駄な動きはしない。

図53~54

尾)右手のひら上向きで出ていく。

図54

全)二回目の両手の返し。ここからは体を右に回す。

図55

門)拳眼斜め。相手の脇を打つ。

全)(拳眼の)小指側引き締める。

 

10)倒巻肱

図55~56

門)(後ろへ行く手は)手を動かすのではなく、腰を動かす。

図56

門)手が(曲げ戻して)上がった時に前を見る。

図)59

尾)肘を引かずに腰を回す。

 

 

 

Comments

お名前(必須)
メールアドレス
URL
コメント(必須)
※コメント以外の内容を次回も使用